HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二人で京都

 京都にお墓参りに行ってきました。本当は娘たちと4人で行くはずだったのですが、私の実家に泊まっている娘たちは「お母さん、お父さんと2人で行ってきて!私たちはまた今度付いて行くから~。」とのこと。思いがけず、父さんと2人で京都に行ってきたのです。
 朝7時に家を出て、今回初めて新名神高速を通って京都のお寺へ向かいました。ラクラクスイスイ走行で、9時半にはお寺に到着。いつもなら「まだ着かない!」と疲れを感じる道のりなのですが、今回は予想以上に早く着き、京都が近く感じられました。
 お墓参りをして、2人で京都市内をプラプラと散歩したり、いつも行くボタン屋さんをのぞいたり、ランチを食べたり・・・のんびり過ごしました。その後、比叡山にあるお庭と美術館がくっついたような、ガーデンミュージアムに寄りお花やハーブ、琵琶湖の景色などを楽しんで帰宅しました。
 子どもがいるのが当たり前になっている私たちには、夫婦2人だけで出掛けるなんて気楽のような、物足りないような・・・とにかく落ち着かない時間を過ごしました。世話が焼けるし、けんかもしてにぎやかではありますが、やっぱり子どもがいる方が楽しいなぁ・・・。早く帰ってこないかなぁ・・と感じた京都への旅?でした。
 明日は子どもたちをお迎えに行くことになっています。これでいつも通りの生活に戻りそうです。


PA0_0032.jpg
庭の中にモネやゴッホなどの絵画が飾られていて、絵にちなんだ花が周りに咲いているという、おしゃれな演出がなされた植物園でした。
ハーブやバラの香りがとっても素敵でした。庭の隅に、「野猿にえさをやらないでください」の看板が立っていたのがちょっと怖かったです。庭に出るの??って感じでした。
PA0_0031.jpg
  1. 2008/08/18(月) 22:36:51|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

実家にお泊り・・・その後の話

 私が帰った後も実家に泊まっていた娘たちのその後の話です。
 予定では翌日には迎えに行き家に帰るはずでした。しかし、娘から電話があり「もっと泊まっていくから明日は迎えに来なくていいよ~!」とのこと。さては羽を伸ばしてのびのび楽しんでいるんだな、とニヤリ。きいてみると、じいちゃん・ばあちゃん・おばちゃんが遊んでくれるし、外で走り回れるし、二人仲良く遊んでるから大丈夫とのことでした。夜は花火をしたり、打ち上げ花火を見に行ったりしたそうです。まったくさみしそうな様子はありません。頼もしいと喜ぶべきでしょうが、さみしい時間を過ごしました。夕食なんて、父さんは仕事で遅いし、義母と二人で食べるのはさみしいものです。いつになったら帰ってくるのやら・・・。
  1. 2008/08/18(月) 22:24:57|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

実家に行ってきました

 お盆です。娘二人を連れて実家へ行ってきました。今回は3年ぶりぐらいになるでしょうか、3人で泊まってきました。
 実家へ行くとすでに姉と甥っ子姪っ子が到着していて、大暴れしていました。そこにうちの子達も加わり大騒ぎ。どこからも苦情が来ない環境ですから、思いっきり遊ばせておきました。田舎はいいなぁ。
 子供好きで、子供と同レベルで遊んでくれるじいちゃんとちびっ子たちは裏庭でスイカ割りをしたり(前の日に、子供が持ちやすい長さの竹の棒を用意して待っていたらしい)、荷物を乗せて運ぶ一輪車に乗りじいちゃんに猛スピードで走ってもらうというスリル満点の遊びをしたり、カブトムシを捕まえるためにスイカを仕掛けに行ったり、川でメダカ捕りをしたり・・・。普段はできない遊びをたっぷり楽しんでいました。
 私は一晩泊まって帰ってきましたが、長女はもう一泊、次女はまだまだ泊まると言っています。よっぽど楽しかったのでしょう。今晩は庭で花火をするそうです。私が帰るころ、次女は「お母さん、何時に帰るの?」「まだ帰らないの?」「もう帰れば?」となぜか帰ってほしそうでした。きっと今頃は羽目をはずして、大はしゃぎしていることでしょう。

PA0_0029.jpg
猛スピードの一輪車を全く怖がらない甥っ子と姪っ子。様子を見てから乗ってみたのは次女。見ているだけだったのは長女。性格ですね。

PA0_0028.jpg
今朝、川で捕ったメダカとドジョウ、そしてタニシ。黒っぽいメダカは少なくなってきているそうです。

PA0_0027.jpg
この水がめにはメダカの赤ちゃんがたくさん入っていました。私の父母が育てているようです。
  1. 2008/08/14(木) 18:58:22|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

中華街

 中華街へ行ってきました。週末に家族で横浜方面に旅行に行っていたのですが、私の希望でぜひ!と、旅程に組み込んだのです。
 実に十数年ぶりの中華街!さほど変わった様子はなく、にぎやかで活気のある町でした。今は甘栗のおいしい季節に入ったのでしょうか?道端で甘栗の皮をむき、「試食どうぞ。甘いよ。おいしいよ。」と半ば強引に手に握らせようとする店員さん多数!もらって食べてみたらとってもおいしかったです。でも、受け取ると押し売りのように袋入りの栗を持たされそうになることがわかり、気の小さい私はもうもらうのをやめました。商魂たくましいものですね。
 かわいい中国雑貨やお茶、お菓子などのお店を見た後、夕飯を食べました。入ったお店はオーダー式バイキングのレストラン。頼んだ料理が熱々で運ばれてきて、いろいろ挑戦できるのがいいなと思いました。どれもおいしかったのですが、長女は海鮮おこげ、次女は水餃子、私は黒ゴマプリンが気に入りました。父さんはビールを飲んだらお腹がいっぱいだといってあまり食べていないようでした。プーアール茶も子どもたちにも好評でした。
 世界中いたる所にチャイナタウンがあるそうです。違う国でも、自分の国と同じような生活をし、同じような料理を作り、たくましく暮らす人たち。すごいことだなぁと思います。適応力のみならず、臨機応変にたくましくすごす強さがあると思います・・・なんてことを考えました。とにかく、おいしいものをいっぱい食べることができて満足しました。あ、ブタまんは食べませんでした。残念。

 
  1. 2008/08/12(火) 20:57:14|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

不審電話にご注意!

 夕方、我が家に不審電話がかかってきました。娘たちが通う学校のPTA役員と名乗る女性からで、「広報誌の編集作業中だが1年生のクラスが分からなくなり確認しています」とのこと。不審に思ったのですが、名前も名乗るし娘の担任名も言い妙に低姿勢で丁寧な物言いでした。念のため、誰の母親なのか聞いたら「6年○組の・・・・・の母です。」と即答。それでも怪しい気配を感じたので「そのような問い合わせは直接学校からくるはずですから、学校に確認したらいかがですか?」と答えました。すると、「担任の○○先生に確認したら、留守だったので確認できませんでした。申し訳ありませんが・・・。」とのこと。本当に役員さんなら失礼かとは思いつつ「このような問い合わせの仕方は怪しまれます。他の家庭にかけても皆さん答えられないと思いますので必要でしたら学校に確認してください。」と言って電話を切りました。
 すぐに学校に電話をしたところ、電話の主が答えた名前の6年児童はいないとのことで、やはり不審電話だったということが判明。担当の先生に詳しい状況を伝えました。適切な対応へのお礼を言われちょっとうれしい気分&一安心。1時間後には学校が各家庭に一斉メールで不審電話への注意を促してくれました。対応のすばやさに驚きました。以前も同様の電話が来たことがありますが、未だにあるんだなぁ。しかも娘の名前や担任名、そして我が家の電話番号まで知っているのはなぜでしょう?こんな時代なので、気分が悪いですね・・・。
  1. 2008/08/08(金) 21:04:17|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。