HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子ども読書の日

 今日は「子ども読書の日」なのだそうです。
 学校から、家庭では読書に関してどんな取り組みをしていますか?というアンケート用紙が配られました。何を書こうか、思案中です。
 我が家の長女はかなりの読書家で、昨年度は年間130冊ほどの本を学校図書室で借りました。これはクラスで第2位の数だったそうです。それ以外にも、市立図書館でも1~2週間おきに絵本を借りているし、家にある本も読んでいます。クラスに同じような本好きの子がいて、昼休みには誘い合わせて図書室に行き本を読んだり、借りたりしていたようです。友達同士で本を紹介しあったり、「その本、次に読みたいな。」と刺激を受けたりしていました。すごくいいことだと思います。
 一時は、本ばかり読んでいた長女を心配して、本もいいけれどもう少し外で遊んだら?などと言ってしまった時期もありましたが、最近は、本も読むし、昼休みに外でも遊ぶし、友達ともたくさん遊べるし・・・とバランスがよくなってきたと感じられます。自分もかなりの読書好きなので、そんな姿を見て自然と読むようになったのかなと思います。
 一方で、次女はあまり本が好きではありません。私や姉に読んで欲しいとせがむこともありますが、字が多い本はパラパラとめくっては絵を眺めて楽しむという段階です。同じように育てたつもりでも、読書の様子だけ見てもこうも違うものかと不思議に思います。それが「個性」のうちなのでしょう。
 ちなみに、今日、寝かしつける前に子どもたちに読んで聞かせた本はこれです。

読み・書き・アート 日本一短い「母」への手紙 一筆啓上読み・書き・アート 日本一短い「母」への手紙 一筆啓上
(2006/09)
丸岡町文化振興事業団

商品詳細を見る


ちょっと懐かしいですね。我が家にあったので、小学生が書いたものを選んで、読んで聞かせました。同じぐらいの子どもが書いたものが本に載っている、ということがすごく羨ましかったようです。長女は、「どうやったら載せてもらえるんだろうね?」と言っていました。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/23(水) 21:22:08|
  2. | コメント:0
<<子どもたちがいない日 | ホーム | 参観日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。