HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野口聡一さん

 私は宇宙飛行士に興味があります。元々は向井千秋さんの御主人の向井万起男さんが書いた本を読んだことがきっかけで、どうしたらなれるか、どんな訓練をするのか、NASAがどんなサポートをしてくれるのかなどを本を通して知りました。向井さんは日本人女性としては初の宇宙飛行士ということで注目されましたが、私は野口聡一さんの控えめでごく普通の感じがするところに惹かれます。宇宙飛行士としての採用が決まってから10年間も訓練を続けてやっと宇宙に行き、船外活動をして貢献した人です。
 先日「ぼくのしょうらいのゆめ」という本を読みました。11人の著名な人が、自分の子供の時に描いていた将来の夢について書いたエッセイ集です。その中に野口さんの文がありました。野口さんは、『宇宙に行ったことは必ずしも夢を達成したということではない。夢はその時その時で変っていくもので、一つが叶えば次の「目指すもの」が見えてくる』、と言っています。『後世に残る宇宙飛行士の名前は、ガガーリンくらいでしょう。僕はそういう名もない幾多の宇宙飛行士の一人になれればいいなと思っています。』という文で結んでありました。何て控えめな!温かい人柄がにじみ出るような文を書く人です。野口さんは何冊か本を出していますが、どれも読みやすくてお薦めです。「身近にいそうないい人」という印象を受けます。
ぼくのしょうらいのゆめ ぼくのしょうらいのゆめ
市川 準、内田 裕也 他 (2006/07)
プチグラパブリッシング

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2007/06/05(火) 22:03:10|
  2. | コメント:0
<<アジサイの季節 | ホーム | どれがいいかな・・・?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。