HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨日読んだ本

 先日図書館に行ったときに、中~高校生ぐらいの人向きの本のコーナーで1冊の本が目にとまりました。「16歳の選択~英語の苦手な女の子が飛び込んだアメリカ留学」という本です。
 作者は石黒加奈さんという人で、私が読んでいる週刊英字新聞に留学の体験談を掲載していた人だったので、興味が湧きました。新聞記事をまとめたものかなと思ったのですが、読んでみると新聞には書かれていなかったハードな留学生活が書かれていました。留学、というのが一種のブームのようになり、短期留学なら旅行感覚で出かけられるようになっている昨今ですが、憧れや楽しみで達成できるような甘いものではないんだなということがよく分かります。言葉のハンディがありながら現地の高校生と同じ授業を受ける大変さ、文化の違い、頼れる人がいない環境で16歳の子がアメリカ人ルームメイトとクラスつらさ・・・読むのが苦しい場面があるほどでした。そこまでがんばらなくても帰国すればいいのに。渡米前にもう少し言葉を習っておく必要があったのでは。少し甘かったのではないかな。そんなことも感じましたが、最後まで(結局は7年間!)やりとおしたのはすごいことだと思います。
 この本のどこに心を動かされたかというと、あとがきです。ほんの3ページほどの後書きを読んで、自分を取巻くものを受け入れられないということは結局は自分で自分を受け入れられていないということなんだなと理解しました。まるで心理学の本を読んだような、そんな気分になりました。
 気軽に読める1冊で、お薦めします。この本で、しかも後書きで泣けるとは思わなかったなぁ・・・。
16歳の選択―英語の苦手な女の子が飛びこんだアメリカ留学 16歳の選択―英語の苦手な女の子が飛びこんだアメリカ留学
石黒 加奈 (2006/12)
宝島社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2007/05/31(木) 21:50:21|
  2. | コメント:0
<<世間は狭いなぁ・・・ | ホーム | 男の子って・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。