HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「その日のまえに」

 ここ数日、夢中で読んでいた本があります。新聞か雑誌で見かけた書評を読んで気になっていた本で、重松清という人が書いた「その日のまえに」というタイトルです。つい先ほど読み終えました。人が自分の死や身近な人の死を前にして、どのように考えて、どうやって「その日」を迎えるのか、そして「その日」の後はどんな日常を過ごすのか・・・。死にまつわる連続短編集です。この年齢で読んだから分かる「良さ」と「怖さ」があり、いろいろと考えてしまいました。暗い本ではありませんが、妙にリアリティにあふれていて、自分の周りでこんなことが起きたら私の家族はどう受け止めるだろうか、自分は冷静でいられるだろうかなどと死について考えてしまいました。
 子どもの頃は「死」というのはぼんやりとした怖さを感じる程度で、具体的なイメージは湧きませんでした。ここ5~6年間に、私をかわいがってくれた数人の人を亡くし、人が死んでいくことの不思議さのようなものを感じるようになりました。亡くなってからも、まだどこかにいるような、帰ればそこにいるのではないかといった思いもあり、喪失感のようなものはあまり感じていません。もっと身近な人なら、そうはいかないのではないかと思います。
 死についての短編集ですが、暗くはなく、それほど重い内容ではありません。興味を持ったらぜひ読んでみてください。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/12(日) 22:03:09|
  2. | コメント:0
<<昼食会 | ホーム | 父さんの願い事は?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。