HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毛虫にやられました・・・

 親子で皮膚科通院が続いています。初めは長女の飛び火。次は次女が飛び火に。治りかけた頃、私の体にたくさんの発疹が出てきて、かゆくてかゆくてたまらなくなりました。次女の飛び火の様子を見てもらいつつ私の発疹も診てもらってきました。
 すると・・・お腹周りに出来たた~くさんの発疹を見て、「あぁ、毛虫にやられたんだね。毛虫の毛が舞ってきてそれが服に付いたんでしょう。一生のうちに何度もやることではないから、大丈夫ですよ。」とのこと。かゆみ止めの錠剤と塗り薬をくれました。お風呂に入ったときに、一番ひどいお腹周りを数えたら108個も発疹が!!煩悩の数だけってところがまた・・・。
 数えて!数えて!とせがんだ長女もその数を聞いてびっくりしていました。腕や足、首元にも出ています。かゆみもつらいし、赤くてぶつぶつしているのを人に見られるのもつらいので、はやくなおってほしいなぁ。
 それにしても「毛虫の毛」ってすごい威力なんですね。気をつけなくては。といっても気を付けようがないのだそうですよ。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/29(火) 21:17:32|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:4

夏です

 夏です。昨日は大きな入道雲が出ていました。入道雲を見ると、小学生のときの夏休みを思い出します。ラジオ体操、学校のプール、子ども会の遠足・・・。少しずつ形は変わっていますが、今娘たちが同じような経験をしています。
 でも、私の子どもの頃はこんなに暑くなかったからなぁ・・・過ごしにくくなってきました。寝苦しい夜と汗だくの日々はつらいですね。
PA0_0026.jpg
  1. 2008/07/28(月) 20:57:44|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:3

土岐アウトレット

 今日は職場の旅行で、岐阜の郡上八幡方面へ行ってきました。郡上八幡にある大滝鍾乳洞を散策後、近くのホテルで昼食。その後は温泉でのんびりまったりコースとアウトレットでお買い物コースに別れてそれぞれにお楽しみ・・・。私はもちろん、お買い物コースを選びました。
 御殿場のアウトレットよりも小規模で周りやすい感じでした。父さんのポロシャツ、子どもたちのTシャツを購入。そのうちに残り時間がわずかになり、「自分のまだ買ってない~!」と少々焦りましたが気に入ったものが見つかり購入。ホッ。
 家族で来ると子どもたちは飽きるし、父さんは店の外で待っているし・・・で、なかなかゆっくり見れないのですが、今日はその辺りの心配はなく気楽でした。欲を言えば、もう少し時間が長いと良かったな。まもなく集合時間になり、温泉コースの皆さんと合流して一路浜松へ。
 私たちの職場はそんなにお酒を飲まないし、もちろん強要されないし、酔ってからむようなたちの悪い人もいないので気が楽です。一日楽しんできました。

PA0_0024.jpg
うちの愛ネコ、ビリーくん。ちょっと元気がありません、理由は、前足の爪が巻き込むように伸びて肉球が痛いようです。
PA0_0025.jpg
父さんがビリーを抱きかかえ、私が爪きりでパチン。その後は自分で伸びた爪を取ったようです。少し血がにじんでかわいそうです・・・。早く治るといいな。
  1. 2008/07/26(土) 21:06:19|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

昨日読んだ本

 昨日、とってもいい本を読みました。面白くて一気に読み進めました。
 城山三郎の「そうか、もう君はいないのか」という本です。
そうか、もう君はいないのかそうか、もう君はいないのか
(2008/01/24)
城山三郎

商品詳細を見る

直木賞、吉川英治文学賞をはじめ多くの賞を取った作家城山三郎の、『妻との半世紀を描いた感涙の絶筆』と紹介されていました。
妻との出会いから結婚、そして幸せな結婚生活と最後の別れまでが書かれています。泣けます。本の最後に、城山三郎の次女が書いた、娘から見た両親の話、母の死、そしてその後の父の死について書かれた20ページはまさに感涙でした。実の娘でも入り込めないような両親の深いつながりというのがあったんだなぁ・・・。仲良しの夫婦だったんだなぁ・・・。
お薦めの一冊です。

その晩の私たち夫婦の会話
 私 :私より3日でもいいから長生きしてよね。
父さん:いやだね。先に死ぬね。
 私 :死ぬなら97ぐらいまで長生きしてね。それなら先立たれても、長生きしたから仕方がないかって諦めもつくだろうし。
父さん:そこまで生きられると思う?
 私 :・・・・・・・。
なんだか会話の内容が怪しくなってきましたが、健康に仲良く長く過ごしたいと思います。

ちなみに、昨日長女が読んだ本は「アインシュタイン」。夏休み用に学校の図書室から借りてきた本です。字ばかりで絵は時々出てくる程度の難しそうな本でしたが、夏休みに入る前に1日で読破してしまったようです。すごいなぁ。


  1. 2008/07/24(木) 21:35:12|
  2. | コメント:2

ラブレター

 今日次女が学校に行くと、机の中にあるお道具箱にお手紙が入っていたそうです。差出人は、次女の仲良しの男の子。同じ幼稚園に通っていたこともあり、その男の子の双子の妹(姉かも)も含めて3人で子犬がじゃれるように一緒に遊ぶお友達です。
 次女は嬉しかったようで、私にもこっそり手紙を見せてくれました。内容は、どう見てもラブレターです。秋には引っ越してしまうのですが、ずっと一緒にいられたらいいなと書いてあり微笑ましいような、切ないような気分になりました。子どもながら、お互いにあと少ししか一緒にいられないという気持ちが高まっているように感じられます。お別れまで仲良く遊び、離れてもお手紙を送りあえるといいなと思います。
 それにしても「こっそりお道具箱に手紙をしのばせる」って・・・少女マンガの世界みたいだなぁ・・・。かわいいなぁと思いました。
  1. 2008/07/23(水) 21:13:42|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:3

今年の帽子は・・・

 昨日は海の日。午後から娘たちはおばあちゃんにバレエの公演を見にアクトへ連れて行ってもらいました。自由時間が出来たので、買い置きしてあった布で自分用に帽子を作りました。
 ふんわりした感じのキャスケットです。麻混の夏用生地で、表は花柄、裏はギンガムチェックというかわいらしい雰囲気。茶色の綿レースで渋さ(?)もちょこっと加えてみました。

PA0_0039.jpg

 大人用ですが、モデルは子どもです・・・。
 この型紙は簡単に作れるパターンで、2時間ほどで完成しました~!思ったよりも簡単でうまく出来ました。
  1. 2008/07/22(火) 21:29:21|
  2. 洋裁・手作り
  3. | コメント:4

注文の品、できあがり!

 知り合いの方の娘さんが、今度ミュージカルに出るとの事で、ステージ衣装の製作を頼まれました。そんなに難しいものではなかったので、引き受けて作りました。
 イメージは劇団四季のキャッツ。頼まれた品はトラネコちゃんのベストと尻尾、レッグカバーとアームカバーです。体の大きな子なのでサイズを測り、大人の型紙をアレンジしてその子のサイズに直して作りました。出来上がりはこちら↓↓↓
PA0_0018.jpg
半分トラ模様、半分はつやのある黒い生地で作りました。

PA0_0017.jpg
尻尾は黒い生地でベルトを作り、そこに縫い付けてみました。程よい太さで張りのある尻尾にするのにどうしたらよいか???と悩みましたが、バッグの手芯を入れキルト芯を巻き付けたらGOODでした。
ミュージカルの発表の日に、用事が入っているため見に行けないことが残念です。
 高木ブーの雷さんの衣装ではありませんよ・・・念のため。
  1. 2008/07/17(木) 21:50:10|
  2. 洋裁・手作り
  3. | コメント:2

食あたり!?

 先週、飲み会があり行ってきました。美味しい料理を食べて、デザートにケーキを食べ、家族へのお土産にとドーナツを買って帰宅。
 そして翌朝・・・。起き上がってみると何やら気分が優れませんでした。これは二日酔いかな?そんなに飲んでいないのに変だなと思っていたらお腹も痛くなってきました。まったく暑がりではない私が、冷や汗?脂汗?をだらだらかいていたというところも変でした。結局回復せず、せっかくの日曜日だというのに一人で家で寝て過ごしました。
 前夜のお刺身が悪かったかな・・・。一緒に飲んでいた人たちの中にもう一人体調を崩した人もいたため、やはり食べ物が悪かったかなと思います。平気な人がほとんどだったのですが・・・変ですね。お土産に買って帰ったドーナツ、私も大好物なのですがとても食べる気になれず家族の誰かが食べてくれました。残念!
暑くなってきました。食あたりには気をつけましょう・・・。でも、他所で食べるのに気をつけようがないですよね。不運でした。
PA0_0016.jpg
一日寝ていた私をみて、かわいそうに思った次女が手紙をくれました。
「おかあさんへ もうきもちわるくない?7/13にちはつまらなかったね」
確かにつまらない一日でした。子どもたちにとっても、つまらない一日でした。
  1. 2008/07/16(水) 22:42:39|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:3

気になるんです・・・

 職場の人で、いつも気を使って話しかけてくれる人(男性・たぶん50代)が居ます。とてもありがたいのですが、ちょっと困ってしまうこともあります。それは・・・
 服装チェックをされること。きれいな色のシャツを着ていくと「今日のシャツの色、鮮やかでいいね。似合ってるね。」こういう一言はうれしいなぁと思っていました、はじめは。そのうちに・・・「今日の服、作ったの?いい色だね。もう少し丈を長くしてスリムなパンツとあわせるのもいいんじゃないの?ベルトでウエストを絞ってみるとかさ。」こう言われると、「そうですね。フフフ。」と笑って見せますが、ちょっと複雑。そして、今日・・・「そのパンツ、つやがある素材でいいね。1ヶ月前からはき始めたよね。いいんじゃないの?もう少し丈を長めにしたらどうかな?ヒールに合わせてさ。スリムパンツとかストレートパンツも似合うんじゃないの?まぁ、スリムなラインは嫌かもしれないけどね。」と言われました・・・・ひきました。サーッという感じ。もうそっとしておいて!という気分でした。「1ヶ月前」って、なんで時期まで知ってるの?しかもぴったり当たっているところがちょっとコワイ。
 こうたびたび言われると、着ていく服も考えてしまいます。着慣れない服を着ればなにか言われそうだな、とか、アドバイスに従って選んだと思われるのは絶対に嫌だし・・・。面倒だなぁ。私はそんなに服装に気を遣うほうではないし、おしゃれに対するこだわりもないので・・・。まぁ、軽く流しておこうと思います
 ちなみに、コメントをしてくれる本人はどれだけおしゃれな人か!?と思うでしょうが、いつも白いワイシャツに無難な色のネクタイ。毎日同じイメージで相手を安心させるタイプ(?)です。
  1. 2008/07/09(水) 22:05:17|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:5

「古代エジプトの美」展

 昨日、子ども達を連れて浜松市美術館に行ってきました。今の展示は「はるかなる時を越えて、いま鮮やかに甦る   日本初公開  古代エジプトの美」展です。
 なぜか惹かれます、古代文明の香りには・・・。小さい金細工の装飾品や神様への祈りをこめた副葬品、壷や器などなど・・・。虫眼鏡でのぞきこめるように展示してあるものが何点もありました。それぐらい細かい細工ができたなんて・・・すごいなぁ、きれいだなぁと驚くばかりです。そして一番目を引いていた展示物は、ミイラと棺です。ぐるぐると巻かれた布のすきまから見えるミイラの骨はちょっと子どもたちには気味が悪かったようですが、その分衝撃的で強い印象を与えたようです。
 博識な長女は、展示物を見ながら、「ミイラにするときには内臓を取り出すんだけど、それを入れる専用の壷があって・・・あ!これがそうじゃない?内蔵用の壷って書いてあるじゃん。」とか古代エジプト人が考えていた神様の絵が描かれたものを眺めて、「この神様知ってる。あれも載ってた。」などと難しいカタカナの神様の名前を読みながら、本で読んで得た知識を披露してくれました。「ひみつシリーズ」で読んだのだそうです。侮れません、小学3年生。
 古代エジプトの象形文字、ヒエログリフであなたの名前を書いてみよう!という体験プリントをもらって帰りました。次女は、「これでエジプト人と友達になれるかも!!」と大喜びでヒエログリフで手紙(?)を書いていました。
 今から約5000年前のものがたくさん展示されていたのですが、これだけいい状態で残されているということにも驚かされました。よかった!おもしろかった!
PA0_0015.jpg

記事とは関係ないのですが・・・
公園の遊具で野猿のように遊ぶ(?)娘たち。大きく、たくましくなりました。
  1. 2008/07/06(日) 20:47:26|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

床屋さん

 先日、床屋に行きそびれた父さんに頼まれて散髪をしました。といっても、耳にまで伸びた横の毛を少し短くするといういわば緊急措置です。
 子どもたちの髪を切ることはよくあるので、同じように支度をしました。新聞紙を2枚広げ、父さんに散髪ケープを掛け、今回は切らない毛をピンで避けて留め準備OK。父さんから出された希望は、耳にかからないように切ることと左右が同じになるように、とのことでした。長さを短くし、すきばさみで軽くしました。前髪はほんの少し切りそろえた程度です。髪を切っていると子どもたちは面白がり、義母や義祖母は何が始まるのか?とのぞきに来ました。
 父さんの髪の毛はしっかりした硬めの毛で、もみ上げは立ち上がってしまいます。なかなか扱いにくい毛質なのではないかなと思います。
 次に床屋に行ったときに、床屋のおじさんが「誰かが手を加えたな・・・。」と気が付くかどうか興味があります。子どもの時からのなが~~い付き合いの床屋さんなのできっと気が付くんだろうなぁ。
  1. 2008/07/01(火) 21:14:49|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。