HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

老猫 ビリーくん

 我が家の猫のビリーくんは最近急に年老いてきた感じがします。小さい頃からいたずらっ子で活発な暴れん坊猫でしたが、近頃いたずらをする元気がなくなってきたようです。昼間は寝ていることが多くなったし、今までのように人の隙を狙って脱出作戦を決行することも減りました。なんだかさみしい気分です。
 先日、猫の声とは思えないような変な鳴き声を出しました。 
 ホギャラップー  フギャラップー
 そんな不思議な呪文のような声でした。食事の仕度をしていたのですが、なんだか様子が変なので見に行くと気分が悪いのか、消化が悪かったのか、戻していました。かわいそうに。
 その後、しばらくしてから私は先ほどの不思議な鳴き声を思い出して声に出して言っていました。「ホギャラップー フギャラップー」
 するとそれを聞いた長女が「お母さん、かわいそうだよ。ビリーくんはそれを聞いたら悲しい気持ちになると思うよ。気分が悪かった時に出ちゃった声なんだから。やめた方がいいよ。」とのこと。その通りです。長女にたしなめられ、気付きました。私って大人気ないな、長女も大きくなったものだ、と。
 200709021831000.jpg

寝転ぶ父さんの背中で気持ち良さそうに過ごすビリーくん。父さんの背中が近頃のお気に入りの場所のようです。難点は、父さんが家にあまりいなくて背中に乗れないということ。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/02(日) 21:22:03|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

妖怪道五十三次

 豊橋市二川宿本陣資料館で水木しげるの「妖怪道五十三次」という展示をやっているのですが、新聞にも記事が出ていて、ゲゲゲの鬼太郎ブームもあり連日賑わっているとのことでした。子どもたちは「怖いから行きたくない」と言うかと思いきや、即答で「行くー!」とのことで行って来ました。
 まずは常設展示で江戸時代の旅について、宿場町の様子などについて学びました。提灯やロウソクを持っていくのは何となく知っていましたが、火をつけるための火打道具類まで持っていくとは知りませんでした。でも、確かに火をつける道具がなくては困るなと納得。東海道の各地の名物や名産品などが載ったガイドブックのようなものも当時あったのだと知ってびっくり。「観光」目的で旅をする余裕もあったようです。
 そしていよいよ妖怪道の展示室へ・・・。ここは大人も子どもも含めた多くの人で賑わっていて、みんな真剣に1枚1枚の絵を眺めてゆっくり進んでいきました。安藤広重の描いた東海道五十三次の絵と水木しげるが描いた「もしも妖怪が東海道を旅したら」というテーマのパロディー風の五十三次の絵が並べて展示されていたために、見比べる楽しさがありました。うちの子たちも真剣に見ていました。長女は一時妖怪シリーズの本を夢中で読んでいたことがあるので結構詳しく、出てきた妖怪について解説をしてくれることもありました。「そんなことまで知ってるの?」と驚くほどでした。
 企画自体がおもしろく、見ごたえのある展示でした。この資料館、駐車場で入場待ちの車が出るほどに賑わっていましたから、大成功だったのだと思います。

版画体験コーナーで二川宿の版画に挑戦!黒、赤、緑、青とインクを重ねて刷っていきます。そろえたつもりでもずれてしまい、難しかったです。200709021535000.jpg

  1. 2007/09/02(日) 16:25:12|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。