HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルリユールおじさん

 今年の夏、安曇野でとっても素敵な絵本に出会いました。「ルリユールおじさん」という本です。絵本美術館で原画展をやっていて、絵もストーリーも私好みで惹きつけられました!
 ルリユールとは聞き慣れない名前ですが、フランス語で製本職人のことです。今はすべて機械で作られる本ですが、以前はルリユールが印刷された紙を重ね、糸で束ね、表紙をつけて1冊の本を作っていました。1冊の本を大切にすることや手作業の素晴らしさなどを感じる1冊です。本好きの大人には是非一読してほしい!お薦めの1冊です。
 
 今朝、NHKのニュース番組の中でこの本が紹介されていました。今、パリでこの本の原画展が開かれているそうで、日本でもよく売れているのだそうです。絵本に出てくるルリユールのモデルとなった人や、印象的な大きなアカシアの木などの映像を見ることが出来ました。今はフランスにもルリユールさんはとても少ないのだそうです。職人の技が受け継がれるといいなと思いますが、後継者がいないのは万国共通の問題なのでしょうか・・・。
 
ルリユールおじさん ルリユールおじさん
いせ ひでこ (2006/09)
理論社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 14:38:40|
  2. | コメント:0

私も付いてなかったあの日・・・

 次女が怪我をした日の夕方、娘たちの好物であるさつま芋の素揚げを作りました。さつま芋をなるべく細い短冊切りにして、フライパンに揚げ湯を入れてカリカリに揚げて、お菓子のようにする一品です。傷を気にして食欲が湧かないと言う次女もきっと食べてくれるでしょうと張り切って作りました。
 すべてのお芋を揚げ終わり、油が熱いうちに漉してオイルポットに入れましょうとフライパンを持ち上げた時、信じられないことが起こりました!なんと、フライパンの柄が根元からポッキリ折れて、熱い揚げ油がざざーっとこぼれたのです。そして、私の手にはフライパンの柄だけが残りました・・・。
 一瞬何があったか分からなくなりましたが、とにかく「熱いーっ!!!」と大声を出していました。幸い落ちたところは流し台でやけどはしませんでしたが、1歩間違えば自分の足に熱い揚げ油がかかっていたかもしれません。私の足に娘がまとわり付いていたら、娘がやけどをしていたかも知れません。考えると恐ろしい!何ともなくてよかったです。それにしても、フライパンの持ち手が取れるなんて、考えもしませんでした。あ~、危なかった~!付いてない日でした。
  1. 2007/09/27(木) 21:35:39|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:2

次女の怪我

 今日は次女が通う幼稚園から、娘が怪我をしたから病院へ連れて行くという電話がありました。園庭で転んだのですが、運悪く、転んだところに木の切り株がありそこで口を切ったようです。大した怪我ではないので、園で病院に連れて行き自宅まで送るという連絡でした。さぞ痛かったろうと、不安な気持ちで娘の帰りを待ちました。そのうちに、先生に送ってもらって次女が帰宅。怪我はちょっとした擦り傷・切り傷程度で、口の周りと口の中、唇に小さな傷がある程度でした。先生からお医者さんに言われたことを伝えてもらい、薬を受け取りました。元気な様子を見て一安心しました。 その後、次女は近所のお友達と遊びたいと外に遊びに行く元気もあり、夕食もほぼ普段通りに取ることが出来ました。
 眠る前に、「明日みんなに傷を見て笑われたらいやだなぁ・・・。」と気にしている様子でしたが、「目立たない傷だからきっと大丈夫だよ。」と話したところ、安心して眠りました。傷もそのうちに治るでしょう。
 子どもが丈夫に大きく育つまでには、怪我もすれば病気にもなるでしょう。大きな怪我や病気では困りますが、小さなものは避けて通れないものだと考えています。これからもきっと怪我をすることもあるでしょうが、大らかに見守りたいと思います。

 次女が診察を受けているころ、園で同じクラスの子のお母さんから電話があり、「今日遊びに行く約束をしたそうなんだけど、行ってもいいかしら~?」とのこと。事情を話し、遊べなくなったことを伝えました。ほかにも数人のこが来ることになっていたそうで、その子たちの名前を聞き、それぞれの家に同じように事情を話して「また来てね。」と伝えました。その後も、別のお友達からも「約束したんだけど、遊びに行ってもいい?」と電話がありました。今日は私が休みなので、お友達を家に呼びたくて約束をしてきたようです。滅多にないチャンスを失った次女・・・かわいそうに。「また誘えばいいよ。でも、今度からは2~3人位にしてね。あんまり来てもらっても遊ぶスペースがないからね。」と言い聞かせておきました。今日は次女にとっては、付いてない一日でした。
  1. 2007/09/25(火) 22:04:17|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:2

いくつになっても・・・

 今日は私のお誕生日でした。お友達からお祝いメールが届いたり、家族や友人からプレゼントをもらったり・・・。ずいぶん大きくなってきましたが、いくつになってもやっぱり誕生日はうれしいものです。
 夕食後には義母が買ってきてくれたケーキをおいしくいただきました。次女からの手紙には「○○(私の名前)さんへ おたんじょうびおめでとう」と書かれていました。「お母さんへ」と書かなかったところに次女らしさが出ているなと思いました。
 
 
  1. 2007/09/21(金) 21:46:33|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

餃子の遊園地

 次女の作品です。題は「餃子の遊園地」。
 先日の夕食に冷たい水餃子を出したところ、とっても気に入ったようで、おいしかった水餃子をキャラクターにしてみたのだそうです。その発想がいい!おもしろい!さすがは「こども」ね。
200709181705000.jpg

  1. 2007/09/20(木) 21:19:32|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

車のはなし

 6年半ほど乗った車を買い換えることにしました。「まだまだ乗れるからもったいないなぁ。」という迷いがありましたが、下取りしてもらえるうちに・・・とか、軽自動車にしたいという思いもあって決めました。維持費の安さ、燃費の良さ、地球にやさしい!などの理由で、軽にします。
 今日はお世話になっている営業の方が車を見に来てくれましたが、きれいに乗っているということで見積りよりも高く引き取ってもらえそうです。大事にしてきてよかったー!
 今の車に変えた時は下の子がまだお腹にいる時で、3ドアの車で運転席を倒して後部座席のチャイルドシートにのせて・・・というのがとっても大変だったために買い換えました。今となっては、チャイルドシートを二つ積んでいた日々が懐かしいです。子ども達も大きくなり、自分たちでシートベルトを締めるようになりました。楽になったものです。
 誰かに中古車として買い取ってもらって、第2の人(車)生を送ってくれることでしょう。
  1. 2007/09/19(水) 20:54:32|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

今日の作品

 最近、ニットソーイングの楽しさに目覚め、生地が入手できるとロックミシンでダダダッと服を作って楽しんでいます。今日の作品は、秋冬に大活躍の長袖タートルネックシャツ。パターンがイマイチで首周りがきつめ&体にフィットしすぎかな?といった感じの仕上がりでしたが、まぁOKの範囲です。秋が深まり冷えてきたら着ようと思います。
 それにしても、ニットソーイングはミシンの調子さえよければ、簡単楽々で楽しいです。

200709161607000.jpg

  1. 2007/09/16(日) 16:23:50|
  2. 洋裁・手作り
  3. | コメント:0

 昨日の日記に書いた七分袖ブラウスには「姉」がいます。友人のお誕生日プレゼントに・・・と作ったブラウスが思いのほか簡単でうまく出来たために、自分の分も!と思って作ったのが黒い水玉のブラウスなのです。
 友人のところに嫁いだブラウスは白ベースに薄い紫色のチェック模様。首のところでリボン結びにするタイプです。
200709022032000.jpg


ボタンはやっぱりこだわりのフランス製ボタンです。光沢のある紫のコードがグルグルと渦巻状になったデザイン。実物の方が明るく鮮やかな色です。
200709022033000.jpg

お友達も気に入ってくれたので、よかったです。
  1. 2007/09/13(木) 21:41:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

参観会&懇談会

 今日は小学校の参観会がありました。娘のクラスは国語の授業で、漢字の学習をしていました。読書好きの娘は漢字も得意です。二つの漢字を組み合わせて違う漢字を作るという学習に楽しそうに取り組んでいました。(例:日+月=?、日+?=晴 などの問題)
 懇談会では夏休み明けの子どもたちの様子を先生がお話してくれました。どうもクラス全体元気がないようで、暑さのせいもありぐったりしていますとのことでした。秋が来るのが待ち遠しいものです。
 先日うちの子は、学校で男の子から体の特徴について指摘されてつらかったと言って家で泣きました。その話をしたら、他のお母さんたちからも同様の話が挙がり、うちの子だけではないんだなと思いました。言っている方は悪気はないのですが、言われた方はやっぱりつらいものです。娘も大きくなってちょっとした容姿を気にするようになってきたのでしょう。先日は、気にする必要はないということ、自分が言われたくないことは人にも言わないことを親子で話し合いました。先生もクラスの様子を気をつけてみてくださると言うことだったのでその点はお任せしようと思います。子どものやることですから、いろいろなことがあります。小さなことにカリカリせずに、大らかに見守りたいものです。
 それにしても、学校は暑かったなぁ・・・。
  1. 2007/09/12(水) 21:15:51|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

七分袖ブラウス

 仕事が休みの月曜日、子ども達がいない間に自分のブラウスを作りました。七分袖でフリルのスタンドカラーが付いた形です。
 最近はとても簡単で手際よく作る技(手抜きの仕方っていう言い方のほうが適切かな)を覚えたので、とっても簡単で、やる気さえあれば短時間で仕上がるようになりました。今回のブラウスは型紙があったので、3時間ぐらいで完成しました。集中力がない私には、短時間でぱぱっと作る方法は合っていると思いました。
 200709102223000.jpg

気付けばまたまた水玉模様の布を選んでいました。好きなんです、水玉が。フリルの襟がうまくできました!
200709102223001.jpg

布は卸のお店で格安で購入。こだわりのボタンはガラスで出来たさくらんぼのようなボール型です。日が当たると赤い色が透き通り、きれい!京都のボタン屋さんで一目ぼれして買ったフランス製のボタンです。
  1. 2007/09/12(水) 20:51:55|
  2. 洋裁・手作り
  3. | コメント:2

おつかい

 今日は夕方になってから、夕飯の食材で買い忘れたものがあることに気付きました。子ども達が「2人で行くからいいよ!」と言ってくれたので、スーパーまでおつかいに行ってもらうことにしました。
 今までに近所の家にお届け物をしたり、回覧板を回したり、地域の商店へのおつかいは行ったことがありますが、スーパーまでは子どもだけでいったことはありません。車の通りの多い道を渡ったり、人通りの少ない道を行ったり、信号を渡ったりしなくてはいけません。まぁ、お姉ちゃんは小学生ですからきっと大丈夫。2人で行ってもらいました。
 20~30分後に笑顔で帰宅。顔なじみのレジのおばちゃんにたくさんほめてもらったこと、スーパーに傘を忘れて半分ぐらい帰って来てから気付き戻ったこと、品物の場所がわからなくてウロウロしていたら近くにいたお姉さんが教えてくれたことなどを話してくれました。そんなことを少し得意げに話し、お駄賃で買ったお菓子を早速開けていました。
 怖い事件が多いこの頃。車との事故以上にその点が心配ですが、いろいろ経験させることも必要です。また行ってもらいましょう。
200709091143000.jpg

昼間は私の実家に行ってきました。庭でたっぷり自転車に乗って楽しんでいました。二人乗り、後ろ向き二人乗りなどの無謀なことをして自転車から落ちたり、お姉ちゃんが乗っている自転車に足を轢かれたり・・・危ないことも楽しんだようです。広い庭・・・いいなぁ。
  1. 2007/09/09(日) 21:47:35|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:2

なんと94回目!

 今日は我が家の大きいおばあちゃんのお誕生日でした。なんと今日は94回目!94歳で健康なのはすごいことだと思います。今は怪我をしているため、義母の手を借りて生活している状態ですが、怪我をする前までは一人で京都に暮らし、一人で新幹線に乗て浜松に帰り、近所のお友達と旅行に行き(幹事までやっちゃうんだから!)・・・というスーパーシルバーなのです。
 私たちからはケーキ、義母からは靴下、子ども達からは「何でもお手伝いします券」や「肩たたき100回券」などをプレゼントしました。涙が出るほどに喜んでくれました。来年も元気にお祝いしたいと思います!
  1. 2007/09/08(土) 21:20:53|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

老猫 ビリーくん

 我が家の猫のビリーくんは最近急に年老いてきた感じがします。小さい頃からいたずらっ子で活発な暴れん坊猫でしたが、近頃いたずらをする元気がなくなってきたようです。昼間は寝ていることが多くなったし、今までのように人の隙を狙って脱出作戦を決行することも減りました。なんだかさみしい気分です。
 先日、猫の声とは思えないような変な鳴き声を出しました。 
 ホギャラップー  フギャラップー
 そんな不思議な呪文のような声でした。食事の仕度をしていたのですが、なんだか様子が変なので見に行くと気分が悪いのか、消化が悪かったのか、戻していました。かわいそうに。
 その後、しばらくしてから私は先ほどの不思議な鳴き声を思い出して声に出して言っていました。「ホギャラップー フギャラップー」
 するとそれを聞いた長女が「お母さん、かわいそうだよ。ビリーくんはそれを聞いたら悲しい気持ちになると思うよ。気分が悪かった時に出ちゃった声なんだから。やめた方がいいよ。」とのこと。その通りです。長女にたしなめられ、気付きました。私って大人気ないな、長女も大きくなったものだ、と。
 200709021831000.jpg

寝転ぶ父さんの背中で気持ち良さそうに過ごすビリーくん。父さんの背中が近頃のお気に入りの場所のようです。難点は、父さんが家にあまりいなくて背中に乗れないということ。
  1. 2007/09/02(日) 21:22:03|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

妖怪道五十三次

 豊橋市二川宿本陣資料館で水木しげるの「妖怪道五十三次」という展示をやっているのですが、新聞にも記事が出ていて、ゲゲゲの鬼太郎ブームもあり連日賑わっているとのことでした。子どもたちは「怖いから行きたくない」と言うかと思いきや、即答で「行くー!」とのことで行って来ました。
 まずは常設展示で江戸時代の旅について、宿場町の様子などについて学びました。提灯やロウソクを持っていくのは何となく知っていましたが、火をつけるための火打道具類まで持っていくとは知りませんでした。でも、確かに火をつける道具がなくては困るなと納得。東海道の各地の名物や名産品などが載ったガイドブックのようなものも当時あったのだと知ってびっくり。「観光」目的で旅をする余裕もあったようです。
 そしていよいよ妖怪道の展示室へ・・・。ここは大人も子どもも含めた多くの人で賑わっていて、みんな真剣に1枚1枚の絵を眺めてゆっくり進んでいきました。安藤広重の描いた東海道五十三次の絵と水木しげるが描いた「もしも妖怪が東海道を旅したら」というテーマのパロディー風の五十三次の絵が並べて展示されていたために、見比べる楽しさがありました。うちの子たちも真剣に見ていました。長女は一時妖怪シリーズの本を夢中で読んでいたことがあるので結構詳しく、出てきた妖怪について解説をしてくれることもありました。「そんなことまで知ってるの?」と驚くほどでした。
 企画自体がおもしろく、見ごたえのある展示でした。この資料館、駐車場で入場待ちの車が出るほどに賑わっていましたから、大成功だったのだと思います。

版画体験コーナーで二川宿の版画に挑戦!黒、赤、緑、青とインクを重ねて刷っていきます。そろえたつもりでもずれてしまい、難しかったです。200709021535000.jpg

  1. 2007/09/02(日) 16:25:12|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。