HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビリヤード

 先日、お昼に入った店でお子様セットを頼んだところ、小さなビリヤードのおもちゃをもらいました。娘たちは父さんにやり方を教えてもらって、今日も楽しくビリヤード遊びをしていました。1つの玉の大きさは直径7mmぐらいかな、とても小さなものです。台もプラスチック枠に緑色の厚紙をはめてあるだけという簡単なつくりです。棒はバネが付いていて、パチンと弾いて打つ仕組み。二人で楽しそうにやっていましたが、しばらくすると台はリカちゃん人形のベッドになって、リカちゃんを寝かしているシーンでした。人形遊びに変わるところがうちの子らしいなと思い、笑ってしまいました。

200610291708000.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/10/30(月) 21:56:24|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

ねんりんぴっく ~ダンススポーツ~

 今日は浜松アリーナで行われたねんりんぴっくのダンススポーツを見に行きました。アトラクションとして、娘が習っているダンスチームの先輩お姉さんたちが踊るので、それを見に行ったのです。会場のフロアではシニアのダンサーたちが華やかな衣裳で踊っていました。シニアとはいっても、機敏でなめらかな動きの美しいダンスでした。娘たちは「きれいだね~。」と言ってみていましたが、父さんはなぜかその場にいるのも居心地が悪いようで興味はなさそうでした。
 先輩のお姉さんたちは県内の他のジュニアチームと一緒に輪になってタンゴ、チャチャチャ、ワルツ、サルサ・・・などを楽しそうに踊っていました。やっぱり子供たちがやるのは見ていて楽しいなと思いました。大会マスコットのちゃっぴーも輪の中で踊っていましたが、何しろ頭が大きいのでバランスを崩して転んでしまうんじゃないかとハラハラしました。ちゃっぴーは転ぶことなく、しっかり最後まで踊っていました。
 会場ではもてなし係という名札を付けたシニアの方々が無料でお茶や綿菓子、ポップコーン、鰻の蒲焼(!)などを振る舞い、人気でした。物産展や工作、バルーンアートなどのコーナーもあり、見る以外のお楽しみもありました。
 来年は茨城県で行われるそうで、大会マスコットは静岡のちゃっぴーに続いてハッスル黄門というものだそうです。ハッスル黄門って・・・ちょっと微妙だなと思いました。
200610291151000.jpg

小学生のダンスチームのお兄さん・お姉さんたち。男の子は少なくて、大きなお姉さんは男役をやることが多いようでした。それはそれで素敵でした。

200610291022000.jpg

こちらはシニアのダンサーたちの大会の様子。プログラムを見たところ、78歳の男性が最高齢のようでした。

200610291005000.jpg

昼過ぎには杉本彩がきて、ダンス&トークをすることになっていましたが、そこまで見ないで帰ってきてしまいました。
  1. 2006/10/29(日) 21:59:27|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

船でお散歩

 今日はいいお天気だったので、「船でお散歩」に行きました。
 おにぎりを握って、水筒にお茶を入れて、おやつをたっぷり持って出発!船の揺れに大分慣れてきて、怖さはあまり感じませんでした。娘たちも同じで、揺れても楽しそうに大騒ぎしていました。錨をおろしてランチタイム。続けておやつ。暑くもなく、寒くもなく、風が心地いい日で快適でした。
 今日は船がたくさん出ていて、父さんは「カワハギねらいだな。」「あれはヒラメかな。」などと言っていました。父さんと同じように、休みのたびに釣りに行く人たちなのかなと思いました。今日の船の数を見ると、浜名湖での釣り人口は多いんだなぁと実感。あんなに混んでいて釣れるのかな。

200610281150000.jpg

ランチタイム。父さんは落ち着かない様子でササッと食べると、すぐに釣りを楽しんでいました。
200610281246000.jpg

  1. 2006/10/28(土) 20:21:55|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

Jack-O-Lantern

 もうすぐハロウィンがやってきます。お店ではカボチャやこうもりなどの飾りやグッズでにぎやかです。日本でもずいぶん浸透してきましたが、我が家ではなんのイベントもなく仮装することもなく過ぎていきます。
 今日、家で天津甘栗を食べたのですが、その皮に思いつきで顔を描いてみたところ、おばけカボチャのジャコランタンに似ている!と思いました。子どもたちと一緒に紙でばねを作りジャコランタンの顔の中にバネを入れてみました。なんだかおもしろいものが出来上がりました。娘たちは父さんをびっくりさせるといって、できあがった甘栗の皮ジャコランタンを父さんが帰ってきて使うものの中にこっそり隠していました。驚くと楽しいのだけれど・・・。

顔が付いた甘栗の皮。手を離すと・・・
200610261845000.jpg



あらら、びっくり!顔がびよ~んと伸びちゃった!
200610261846000.jpg

  1. 2006/10/26(木) 21:09:17|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

プロポーズ!?

 今日、次女を迎えに幼稚園に行くと、担任の先生がなにやらうれしそうに報告してくれました。「今日、クラスの男の子に『結婚して!』って言われたみたいですよ!」とのことでした。恥ずかしそうにしている次女に聞いたら、歌を歌っている時に突然言われたのだそうです。特別仲良しでもないので、単なる気まぐれかもしれませんが、5歳の幼児でもそんなことを言うのだなぁとほほえましいけれども驚きの一言でした。ちなみに、次女は即答で「いやだ!」と言ったそうです。はっきりしていていいけれど、ストレートね!

200610231704000.jpg



 次女の幼稚園に持っていく水筒のカバーを作ってみました。今まではプーさんの絵のビニールが付いていたのですが、破れてしまいました。水筒に問題はないので捨てるのももったいないとカバーを作ることを思いつきました。生地は次女の希望で、スモックやナフキン袋のあまり布、赤の水玉です。白いレースを付けてみました。
  1. 2006/10/23(月) 21:35:06|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

バザー

 今日は職場でイベントがあり、娘二人を連れてお手伝いに行ってきました。娘たちは今までに父さんの職場には何度か行ったことがあるのですが、私の職場に行くのは初めてで楽しみにしていました。
 私は輪投げの担当で、次々やってくる子どもたちに輪を渡したり、年齢を聞いて輪投げ台を動かしたりする仕事でした。楽しい仕事でしたが思った以上にハードで、立ったり座ったりして腰が痛くなりました。輪投げのゲームは無料で、入った数に応じてお菓子や文房具などの景品がもらえるので幼児から小学生に人気で、長い列が出来ていました。娘たちは輪を集めて手渡すのを手伝ってくれました。飽きてくると列に並んで輪投げをしたり、バザーの品を見に行ったりして、楽しんでいたようです。バザー品を買うのには長蛇の列に並び、レジに行くまでひたすら待たなくてはいけません。それでも、娘たちはおもちゃやマスコットなど欲しい物を見つけて二人で並んで買っていました。
 半日のイベントで親子で楽しく過ごしましたが、とっても疲れました。来年は綿菓子か水あめの係りをやってみたいなぁ・・・。

ゲームの景品やバザーで買ったおもちゃ。ちなみに、長女が買ったものは魔法の(?)ステッキとピンクのフワフワポーチ、次女はキティちゃんの冷蔵庫¥50でした。200610221405000.jpg

  1. 2006/10/22(日) 15:51:26|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

幼稚園フェスティバル

 今日は浜松城公園と体育館を会場に、幼稚園フェスティバルが開催されていました。私立幼稚園協会に入っている各園がブースを作り、それぞれにゲームや人形劇などのイベントを行うもので、とてもたくさんの親子連れが来ていました。人気のブースには長い列が出来ていて、順番を待って参加をするのですが、私たちは長く待たずに出来るブースを選んで参加しました。アンパンマンの玉いれ、忍者修行ゲーム、パネルシアター、そして県警のコーナーで白バイとミニパトカーに乗り交通安全輪投げと交通ルール釣りゲームをしました。起震車に乗りたかったのですが、人気だったため乗れませんでした。会場で一番人気はミニSL!長―い列が出来ていて、20~30分待ちとのことでした。工作のブースはどこも人気で、今回はあきらめました。
 思った以上の賑わいで、びっくりしました。いいお天気で暑かったので、自動販売機は全部売り切れていました。水筒を持っていったけれど足りなくなってしまいました。秋空の下、親子で楽しめました。
200610211314000.jpg

  1. 2006/10/21(土) 21:13:48|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

読書の秋

 今年の秋は、私にとって読書の秋となりそうです。夜にはミシンをやる気はなかなか起きないのですが、本ならサッと出して読むことが出来ます。先週末に図書館に行く時間が取れなかったので、今は父さんの本棚から小説を選んで読んでいます。
 父さんは推理小説が好きなのですが、私はその分野に興味はありません。今回借りた本は桐野夏樹の「錆びる心」という短編集です。この作家の本ははじめて読みますが、なかなかおもしろくて間もなく読み終わりそうです。次の週末は時間を作って図書館に行き、おもしろそうな本を探してみたいと思います。
錆びる心 錆びる心
桐野 夏生 (2000/11)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
  1. 2006/10/18(水) 21:29:00|
  2. | コメント:0

ナスカ展

 今日は県立美術館で開催されているナスカ展に行ってきました。
 ナスカの地上絵といえば、中学生の時に英語の教科書に載っていて、それを読んで以来いつかは行って見てみたい!と思い続けているのですが、実現しないままでいます。
 今回の注目の展示品のひとつに、ナスカ後期の子どものミイラがあります。眼球まで残っているミイラは珍しいということでした。子どもたちは怖がって離れたところから眺めていました。たくさんの土器が展示されていましたが、幾何学模様や人や動物を抽象的にデザインした柄がとてもかわいらしかったのが意外な感じでした。今でも充分通用するようなかわいらしいものもありました。
 地上絵の全体像を見るには空から見るのが一番だそうです。スクリーンを見て、空から地上絵を見る気分を味わえるコーナーがあり、賑わっていました。それを見ると、本当に大きな絵だったことがよく分かりました。また、それらの絵が車やバイクなどによって消えていくという危機的な状況だということを知りました。
 見ごたえ充分の展示でした。もう少しすいていたらもっとじっくり、ゆっくり見れたのですが・・・。人気の展示は仕方がないですね。展示室の床に光で地上絵のデザインが映し出されたり、ナスカのジオラマコーナーは照明で朝の日の出から夜の星空まで楽しめるようになっていたりとおもしろい演出だなと思いました。
 ペルーはとても遠い国ですが、いつか行ってみたいと思います。
  1. 2006/10/15(日) 21:11:27|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

果物

 先日、親戚のおじさんから果物をいろいろいただきました。大きな梨やマスカット、りんごにグレープフルーツ・・・。その中に名前の分からない果物が一つ。赤というよりは小豆色、トロピカルフルーツなんだろうと思うのですが・・・。味は、とにかく酸っぱい!熟していなかったのか、こういう味なのかは分かりません。一体なんだったんだろう???
200610141221000.jpg

  1. 2006/10/14(土) 20:44:50|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

子どもだけでお泊り・・・お迎え編

 子どもだけで私の実家に1泊した娘たちを迎えに行きました。私が迎えに来るのを待ち構えているかな~?なんて思いながら向かいました。実家に着くと、娘たちは外で遊んでいるところで、家の囲いの細葉を取って手裏剣を作っていました。次女はうれしくて駆け寄ってきたのですが、長女は「あ、もう来たの?」と一言言うと、また手裏剣作りに没頭していました。私の両親からは「何にも手がかからなくて楽だったよ~。二人で仲良く遊んでたよ。」とのコメント。祖母からは「ひどくおりこうな子らで、幸せだね~。」と言われました。家ではけんかが多いのですが、外では仲良しで助け合っている感じの子どもたちなので、きっと二人仲良く過ごしていたんだと思います。
 娘たちは、お祭りでお餅投げがありたくさん拾ったこと、屋台で水あめを買ってもらったこと、花火を見たこと、しかも手で抱えてやけどしそうに見えたこと(手筒花火を初めて見たので・・・)、おじいちゃんとお風呂に入ったことなど、たくさんお話をしてくれました。楽しかったようです。
 次は冬休みにまた二人でお泊りできるといいなぁ・・・。
  1. 2006/10/09(月) 20:55:05|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

子どもだけでお泊り

 今日は娘たち二人で私の実家にお泊りをしています。荷物の中には「お母さん」の代わりに一緒に寝るお人形も入れていました。いつも寝る前に抱っこをするのですが、今日はお母さんがいないので、「お母さんの抱っこの代わりに二人で抱っこしてから寝ようね。」と話していました。次女は、「お母さんがいないけど、髪形はどうしたらいいかな?」と翌日の髪型が気になるようでした。
 私の実家の町がお祭りなので、おじいちゃんやおばあちゃんとお宮に行ったり花火を見に行ったりして過ごすということでした。さみしいと思う間もなくのびのびと楽しんでいるのではないかなと思います。義母は「さみしくなって電話がきたらすぐ迎えに行けばいいよね。」とか「本当に泊まれるのかねぇ?」などと心配していますが、私は大丈夫だろうと思っています。さみしいのは子どものいない静かな家にいる大人たちのほうかもしれません。明日迎えに行くのが楽しみです。
  1. 2006/10/08(日) 21:06:01|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:2

ダンス教室

 今日から娘のダンス教室が始まりました。私の知り合いの娘さんがダンスを習っていて、運動が苦手な長女が珍しく興味を示してやりたい!と希望しました。ちょうど市で開催するジュニアダンス教室の申し込み期間だったのでいい機会かと思い参加することにしたのです。全7回の体験コースなので、まずはやれそうかどうかお試し期間といった感じです。
 1年生から6年生までの男女児童が30人ほど参加、それに続けてレッスンを受けているお兄さんお姉さんたちがお手本として加わり、輪になって基本のステップから習います。先生は男性、補助の先生はとても美しい女の先生で、その先生のステップを見ているだけでも優雅な気分になるほどです。付き添いのお母さんやおばあちゃんたちも一緒になってステップを踏みました。まさか自分がステップを踏むとは思っていませんでしたが、一緒にやってみると楽しいし、いい運動になりそうです。一人のおばあさんは「孫を連れて来ていたら自分がはまっちゃって・・・。」と話してくれました。初めは緊張していた娘も楽しそうにやっていました。偶然、近所の同じ学年のお友達が参加していて親子ともにうれしくなりました。
 娘は、お姉さんたちが履いている銀色のダンスシューズにうっとり。あんな靴をはいて踊ってみたいな~と言っています。形から入ったとしても、運動に親しむきっかけになればそれもアリだなと思います。
 
  1. 2006/10/07(土) 20:40:00|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

音楽会

 今日は小学校の音楽会でした。1年生は朝8時半から9時が出番、ということで、2時間だけ仕事のお休みをもらって見に行ってきました。
 数日前、娘が「クラスの演奏の前にはじめの言葉をいうことになったよ。私が言わないと始まらないから、しっかり言ってねって先生に言われたんだ~。」とのこと。はじめの言葉はやりたい人が立候補して決めたとのこと。音楽会全体のはじめの言葉にも立候補したけどなれなくて、クラスの言葉でまた立候補して言えることになったのだそうです。引っ込み思案で消極的だと思っていた長女にそんなことが出来たんだと、驚き半分うれしさ半分といった気分でした。
 言葉も小太鼓・ギロの演奏も歌も、一生懸命にやっていました。仲良しのお友達が大太鼓、娘が小太鼓を演奏していたのですが、なかなかの名コンビで、難しい後打ちをテンポよく刻んでいました。
 幼稚園の時と違って作りこまれた(練習をし~~~っかりやったという)感じがなく、普段の授業の様子をそのまま見せてもらったという雰囲気でした。幼稚園の音楽会も立派で見ごたえ充分なのですが、小学校の自然体の会も素敵だなと思いました。長女は幼稚園の時から、行事を通して自信をつけてきたタイプなので今回のことも自信になったのではないかなと期待しています。楽しくやれたことが何よりだと思います。
 200610060849000.jpg

  1. 2006/10/06(金) 20:18:04|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

親切なおじいさん

 娘の通う小学校は集団登校ではありません。近所のお友達と一緒に行く子もあれば、一人で行く子もいます。うちの子は、近所のおじいさんの厚意で、7~8人のグループでおじいさんに引率されて登校します。おじいさんは山登りが好きで、足腰を鍛えるために毎日たくさん歩いているのだそうです。お孫さんの登校に付き添っていたので、近所の子達も一緒にどうぞということで声を掛けていただきました。とてもやさしく穏やかな正義感の強い方で、大荷物の子があれば荷物を持ってくれるし、通りかかった子が意地悪を言うと叱ってくれるのだそうです。雨の日は傘を差しているので1列、晴れた日は2列に並んでお友達同士おしゃべりをしながら歩いていきます。子どもたちにとってはもちろん、親たちからの信頼もとても厚く、安心してお任せしています。
 今朝、娘が通学路の歩道橋で滑って転びおしりをぶったそうです。おじいさんはすぐに起こして怪我がないか見てくれて、大丈夫だと判断して子どもたちを学校に送った後、自宅に来て義母に報告をしてくれました。夕方には、その後痛みはないか、怪我していなかったかをもう一度確かめに来てくれました。本当に心配してくれていることが分かり、とてもありがたく思いました。娘が転んだことを聞いたお友達のお母さんとおばあさんが、今後怪我する子が出ないようにと、娘が滑った場所の落ち葉を掃除してくれたことも聞き、地域の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。娘もとてもうれしかったようです。地域の子どもとしてみんなに守られて育つんだなと感じて、うれしい一日でした。
  1. 2006/10/03(火) 21:35:31|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

待望のお魚

 今日は父さんが久しぶりに大きな魚を釣って持ち帰りました。娘たちが大好きなマダカが2匹。たっぷり楽しめそうです。
 1匹はルアーを飲みこんだままの状態で、口を開けると大きなルアーが!きっと痛かっただろうなぁ・・・。父さんは、魚をさばく時にまずルアーを取り除いたようで、「ルアーの救出、大成功!」と言って喜んでいました。魚の口から見える赤いルアーはちょっと怖かったです。
 さばいて切り身になった魚は家だけでは食べきれないほどの量だったので、近所のおうちにおすそ分けをしました。新鮮な魚はおいしいので、また釣ってきてほしいです。

200610021802000.jpg

200610021814000.jpg

ルアー、無事救出。
  1. 2006/10/02(月) 20:58:41|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

ぼんやり母さん

 今日は雨降り日曜日。父さんもいないし、子どもたちと某ショッピングセンターへ出かけました。自分の服やら手帳やら、父さんのシャツなどを見て歩き、時計屋さんの前を通った時に気付きました。
あ!!今日は時計のベルトを調整してもらうために来たんだった!時計忘れた~!!

 夜の歯磨きタイム、子どもたちの歯ブラシには子ども用歯磨き粉をつけて、自分の歯ブラシにはミントの歯磨き粉をつけました。そして歯ブラシを口に入れて磨き始めたら何かが変です。
あ!!長女の歯ブラシにミントの歯磨き粉つけちゃった!自分の歯ブラシにはぶどう味の子ども用歯磨き粉が付いてる!!

 子どもたちには、「ほんとにうっかり母さんだね~。」と言われました。自分でもうっかり具合が情けなかったです・・・。明日はシャッキリ過ごそうっと。
  1. 2006/10/01(日) 21:06:49|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。