HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祖父母の役割

 先日の講演会では小児科医から現代育児についてのお話を聞きました。なかなか個性的な先生で、私のように子育て真っ最中の母親にとっては、納得できることもあり、反論したくなることもあり・・・といった内容の話でした。
 子育てでは母親、父親、祖母、祖父とそれぞれに違った役割がある。現在は核家族での育児が多いために、母親の負担が大きくなっている。女性たちが助け合う育児が最重要であり、おばあちゃんは育児の重要な協力者である。などといった話でした。
 祖父母が果たす役割の重要性は理解できるのですが、現状として祖父母の援助が得られない家庭も多いのです。遠く離れていたり、祖父母も仕事をしていたり・・・。時々祖父母に会えば、「まだオムツなの!?」とか「ミルクより母乳の方がいいのにねぇ。」なんて言われてつらい思いをしたお母さんたちを知っている私としては、複雑な思いでした。母親一人ではストレスや不安が大きいことは事実です。現在の育児は、母親仲間や育児支援に関わる人たちの力を上手に借りてやっていくのが楽しんで子育てをするポイントかなぁと感じました。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/27(月) 10:30:00|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:4

懐かしい人にバッタリ!

 今日は仕事で講演会が開催され、受付のお手伝いをしました。そこでとても懐かしい人に会いました。同じ町の出身で二つ下の女の子、小学校では集団登校で毎日一緒に学校に通った人です。20年ぶりぐらいの再会でしたが、受け付けで顔を見て、お互いにすぐ気が付きました。会が終わってからもしばらく話が弾みました。お互いの仕事に重なる部分もあり、今後も連絡をとりましょうということになりました。長い間会わずにいても、やはり幼い頃からの知り合いは分かるものなんだなと思いました。当たり前ですが、すっかり大人になり、責任ある仕事をしている彼女を見て、時間の経過を感じました。とても懐かしく、うれしい再会でした。
  1. 2006/02/25(土) 23:51:28|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

お誕生日のプレゼント

 今日は義母のお誕生日です。仕事帰りにケーキを買って、お祝いをしました。長女が、おばあちゃんにお小遣いでハンカチか何かを買ってプレゼントしたいと言いました。そこで貯金箱を開けて、いくら入っているかを親子で計算してみました。あまりたくさん入っていないので、娘たちが一人100円ずつ出し、残りは私が協力することになりました。
 今までは誰かの誕生日にはお手紙や絵を描いてプレゼントしてくれていた娘たちですが、お金を出して何かをあげたいという気持ちが出てきたのだなぁと驚きました。これもお小遣いをあげ始めたからこそだと思います。まだ早すぎるかなとも思いつつ始めたお小遣い制ですが、こうやって残高を計算したり、今ある中からやりくりをし、ほしいものを買ったりできるようになり、よかったなと思いました。20060218_1404_000.jpg

  1. 2006/02/24(金) 23:32:41|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

最近の父さん

 最近、うちの父さんはとても忙しいです。11時近くに帰ってきて、また朝早くに出かけていきます。土日もほとんど仕事に出かけていき、子ども達とゆっくり過ごす時間がなかなか取れません。月曜日はお休みのことが多いので、ゆっくり眠って疲れを取ればいいのにと思うのですが、早朝に起きて釣りに出かけていきます。今日も暗いうに起きて釣りに行きました。娘たちは朝起きた時に父さんがいないと、「今日は休みだから釣りだね?」とよく分かっています。
 今日は私が仕事の日だったので、釣りから帰った父さんは園へ娘たちを迎えに行き、音楽教室の付き添いもしてくれました。それからお米や猫のえさと砂など重いものの買い物に行きました。ついでに、娘たちに好きなお菓子を選ばせて買ってあげたそうです。以前は園に行く機会はほとんどなかったのですが、最近は慣れたもので、音楽教室のお友達の名前や性格も把握しているほどです。
 そして夕飯後・・・。今日使ったルアーをせっせと洗い、新聞を読み、ごろりと横になってガーゴーいびきをかいて眠ってしまいました。そんなに眠いのならたまには釣りをやめてゆっくり休めばいいのにと思いますが、疲れている時ほど釣りでリフレッシュしたいようです。

 たまには父さんの話題を・・・と思って書いてみましたが、まとまらないなぁ。コミュニケーション不足(観察不足?)かもしれません。
 
  1. 2006/02/20(月) 22:37:24|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:2

お花で遊んだ

 先月97歳のお誕生日を迎えた祖母に会いに、実家に行って来ました。風邪を引いたと言っていましたが、いつもどおりの元気な様子でした。足腰も弱っておらず、庭先に愛猫が来ると、さっと立ち上がってエサをあげに行っていました。まだまだ長生きしてくれることでしょう。
 娘たちにとって、実家でのお楽しみの一つは、庭で遊ぶことです。自転車や三輪車に乗れる広さがあるので、二人で乗り回していました。それから、父母がガーベラの出荷作業をしている日は、くず花をもらって花びらをむしり花吹雪を撒いたり、バケツの水の中に浮かべたりして遊ぶことも楽しみなのです。今日も花びらのスープや花のケーキを作って楽しんでいました。私も子どもの頃は同じようなことをして遊びましたが、花は買うもの、という生活になってからはそんな遊びを見ているとなんだかもったいないなぁと感じるようになりました。娘たちは大はしゃぎで楽しんでいたし、父母も楽しそうに見ていたのでまぁいいか。
  1. 2006/02/18(土) 21:33:58|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

本に夢中

 今日は長女の小学校入学前説明会の日でした。午後は仕事を休んで、急いで園に迎えに行きました。長女のクラスに行くと、他の子達は親が迎えに来るためかソワソワしながら遊んだり、教室の入口まで来てはお母さんの姿を探したりしていました。娘を探したところ、教室の奥のほうで一人絵本を読んでいました。そのうち気が付くだろうとしばらく待っていましたが、本に夢中で顔を上げる様子がありません。担任の先生に頼んで呼んでもらったら、やっと顔をあげて私に気がつきました。同じクラスのお友達のお母さんは、そんな長女の様子を知っているので、「本当に好きなんだね~。」と言っていました。確かに本が好きというのはいいことだと思います。私も本が大好きで、大人になった今も夢中になって読むことがよくあります。でも、私は正直に言うと、周りのお友達の行動に気付かないほどに夢中になってしまうというのは度が過ぎているんじゃないかなぁと不安になります。本もいいけれど、もっと友達と遊んだらどうかなぁと思うのです。
 説明会の時に、お友達に会ったのでこの話をしました。するとその友人は、本を読むのはいいこと、子どもだから自分の気持ちに正直に行動しているのでは?!(大人なら他にやりたいことがあっても周りに合わせて動くこともあるが、子どもだから自分の思いのままに行動しているのでは?)、どんな表れでも子どもの事では心配になったり悩んだりするのよね~、と言ってくれました。それを聞いて随分気が楽になりました。「自分の気持ちに正直に行動する」ことは大人になるにつれ難しくなっていくことでしょう。まだまだ幼い子どもです。本を読みたければ夢中になって読むでしょう。それはいいことだな、と思いました。うちの子はそういう子です。それでいい!今はそう思います。
20060208_2242_000.jpg

長女が描いたサザエさんとカツオくん。ちなみに、私が迎えに行ったときに夢中で読んでいた絵本は「ねぎぼうずのあさたろう」だそうです。
  1. 2006/02/17(金) 21:05:13|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

子どもの習い事

 今、長女は音楽教室に通っています。3歳ではじめた時には音楽に親しんでほしいということ以上に、入園前に少しでもお友達と遊べるようになってほしい、子ども同士での活動に慣れておいてほしいという理由で入れました。そろそろ来年度の音楽教室の申込みをする時期がきましたが、続けるかどうか親子で迷っています。娘は辞めたいといっています。理由は、小学生になると子どもだけでレッスンを受けるようになるため、心細いからのようです。私はできれば続けてほしいと思っていますが、本人が辞めたがっているのに親の意見だけで続けさせるのはかわいそうかなと思います。父さんは本人が辞めたいのなら辞めさせればいい、やろうと思えば家でも教えられるし、本人がやりたくなればまた始めればいいという考えです。

私は今の長女と同じで幼稚園の間だけ音楽教室に通っていました。小学生になって、姉はピアノを習いましたが私は嫌がってやりませんでした。大きくなるにつれて習っていればよかったと後悔するようになりましたが、仕方がありません。あの時無理やりやらされていたらどうなっていただろうか。「あの頃は嫌だったけれど、ピアノが弾けるって素敵!習ってよかった!」と思うでしょうか。嫌々習っても上達せず、無理に習わせた親に対して不信感を持ったでしょうか。

もう少し時間があるので、夫婦で、親子で話し合って決めようと思います。
  1. 2006/02/16(木) 22:14:13|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:2

今年のバレンタインデーは・・・

 我が家ではバレンタインデーには生チョコを作ることがここ数年の定番でした。理由は簡単。私は生チョコが大好きだから、しかも、チョコレートがあまり好きではないおばあちゃんも生チョコなら美味しいといって食べてくれます。父さんや子ども達も生チョコは大好きです。
 今日はせっかくの日曜日ですが、父さんは仕事、長女は風邪気味。なので、家で少し早いバレンタインデー用にお菓子を作ることにしました。作ったのはショコラ・フォンダーン。以前お店で食べたショコラ・フォンダーンのとろりとした美味しさは忘れられないほどだったし、レシピを見たところ簡単にできそうだったからです。計って、混ぜて、溶かして、混ぜて、焼いて・・・。部屋中にいい匂いが漂い、みんなでおやつに食べました。スプーンをさすと中からとろーりチョコレートが出てくるはずでしたが、焼きすぎたのでしょうか?中はしっとり、外はさっくりといった食感のチョコレートケーキでした。ガッカリしましたが、これはこれでおいしかったからまぁいいか。私が思うに、簡単なレシピで作るお菓子はやはりそれなりのできのような気がします。手間を惜しまず作ったものにはとうていかなわない、ということでしょう。それでも私は簡単にできるお菓子作りがやめられません。
20060212_1512_000.jpg

  1. 2006/02/12(日) 12:42:33|
  2. 料理・お菓子作り
  3. | コメント:0

音楽会

 今日は幼稚園の音楽会でした。年少の次女はちょっぴり恥ずかしそうでしたが、踊りも歌もウッドブロックも楽しそうにやっていました。次女はほとんど緊張しなかったそうです。本人は、「片方の目玉ぐらいしか緊張しなかった。」と言っていました。客席の私を探す余裕もあったようだし、私が一緒に歌っていたのをじっくり眺めるほどの落ち着き振りでした。年少さんの演奏や歌はとにかく力いっぱいと言う感じで、元気な歌声が響いていました。長女は緊張気味でしたが、真面目なタイプなので、先生に言われたとおりに大きな口でしっかり前を向いて精一杯に歌っていた感じがしました。やはり年長さんは上手だし、迫力があるなと思いました。器楽演奏は素直に「すごい!」と感心しました。
 父さんもお休みを取って見に行くはずだったのですが、直前に休めなくなってしまい、娘たちも私もとてもガッカリしました。一番ガッカリしたのは父さんだと思います。娘たちは、「ビデオで見ればいいよ。」と父さんに言ったそうなので、本当は生でじっくり見て&聞いて堪能したいところですが、しっかりビデオで撮ってきました。今年は娘が二人とも園に通っているので、見所たっぷりでたくさん楽しめた気がします。
 
  1. 2006/02/10(金) 22:15:02|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

届きました

 机とランドセルが届きました。家具屋さんが来たら、娘二人はうれしくて玄関まで小走りに向かって出迎えました。組み立てをしてくれている間も、二人で踊ったり、家具屋さんの手際よい作業をニコニコしながら見たりしていました。出来上がると、早速長女が椅子に座り机を眺めて満足そうにしていました。交代して次女も座らせてもらっていました。長女は「これから大事に使うよ。机でお勉強やお絵かきできるからうれしい!」と言い、それを聞いて私もうれしく思いました。早速ランドセルを箱から出して、おばあちゃんたちに見せ、「かっこい~!」「似合うね。」などと言われていました。
 長女にとって、小学生になると言うことはとても大きなことです。入学を数ヵ月後に控え、とても張り切っている様子には頼もしさを感じます。気が小さく慎重派の長女はこれからもちょっとしたことにつまずいたり、不器用で失敗することも多くあるかもしれません。それでも、今の頼もしい姿を見ると、なんとか乗り越えるだけの強さが持てるのではないかなと思えます。春から娘は1年生。私も母親としては小学1年生。親子で成長していきたいと思います。
  1. 2006/02/04(土) 21:29:41|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:3

机とランドセル

 今日家具屋さんから電話があり、明日机とランドセルを届けてもらうことに鳴りました。長女にとっては待望の品ですから、うれしくてたまらない様子でした。おばあちゃんからいただいたお祝いで机を、大きいおばあちゃんからいただいたお祝いでランドセルを買いました。みんなの期待に応えられるよう、大切に使ってもらいたいです。
 私たち夫婦は、「勉強ができるようになってほしい」とはあまり考えていません。それよりも、まずは健康で安全に6年間通ってほしい。そして、気の合う友人を見つけ、楽しい学校生活を送ってほしい。それらの方が大切だと思っています。
 娘と同様に、私もワクワクしながら家具屋さんが来るのを待つことになるでしょう。
  1. 2006/02/03(金) 21:04:00|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:4

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。