HIROBOW 妻の日記

「FISHING TEAM TTR」オフィシャルサイト管理人HIROBOWの妻が、子育てや趣味、仕事等の日常生活の他愛もない話や、夫HIROBOWの奇行を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うっかり

 家から歩いて5分ほどのところで家を建てています。先日通りかかったら、建前のお持ち投げのお知らせが貼ってありました。娘たちはお餅が大好き、拾うのも大好き、ということで、お餅拾いに行きました。「2時50分集合」と書いてありましたが、気付いたらもう2時50分。急いで袋を持ち、3人で急ぎ足で向かいました。時間になっているというのに人はあまりいません。5~6人の人が集まってなにやら話しています。これからかなぁ?と思いながら行くと、なんとお餅投げは昨日だったそうです。よく見たら「29日土曜日2時50分集合」とかいてありました。娘たちは楽しみにしていたのに、ガッカリさせてしまいました。うっかり者の母でした・・・。
 仕方がないので、娘たちのリクエストに応えて、帰り道にどんぐり拾いをし、家の庭でだるまさんが転んだをし、自転車と三輪車で近所をぐるりと廻りました。暑くもなく、寒くもないいい時期なので、これからも休みの日には外で遊びたいな(遊ばせたい)と思いました。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/30(日) 12:41:59|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:3

前髪

 今朝、長女の前髪を切りました。本好きの長女は早くに目が悪くなるのでは?と私は心配をしています。前髪が長くなってきたので、目のためにも、そしてもうすぐある発表会のためにも、今のうちに切っておこうと思いました。
 今日も朝食後、絵本を読んでいました。髪の毛を切る支度が終わっても「もう少し待って。きりになるまで読ませて。」との返事。結局、どうしても読みたいと言うので絵本を読みながら切ることになってしまいました。
 切り終えてから長女の顔を見ると、うつむきがちだったせいで前髪はとても短くなっていました!これじゃあちょっと変だなぁと後悔しても、今更仕方がありません。これはこれでかわいいっていうことにしようという開き直りと、言っても読むのをやめなかった本人のせいだということで、今回はいいことにしておきましょう。もう少し大きくなったらきっと、「お母さんが切ると変になるからいやだぁ!」と言って切らせてはくれなくなるんだろうと思います。
20051001_0742_000.jpg

新聞紙に落ちた自分の髪の毛を使って作品?を描いていました。タイトル「おさんぽ」

20051001_0741_000.jpg

  1. 2005/10/29(土) 15:31:14|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

親に隠れてコソコソと・・・

 幼稚園でシール交換が流行っているようです。シールは持って来ない、と園での約束があるのですが、名札の裏に貼ったり、仲良しのお友達にあげたりというやりとりがあるようです。
 長女も今までに何度かお友達からシールをもらってきましたが、園での約束を話して聞かせたら納得して我慢できるようになりました。年少の次女も最近シールをもらってくることがあります。同じように、園の約束を話しましたが次女は納得できない様子です。
 今日、夕飯の後で次女がなにやら怪しい行動をしていました。シールを入れた袋と幼稚園の名札を持って大きいおばあちゃんの部屋に行きました。しばらくして戻ってきた次女の手には、シールをたくさん貼った名札が・・・。次女を抱いてまた話をし、一緒にシールを剥がしましたが不服そうでした。私としては、他の部屋でコソコソとやったことは少しショックでした。
 長女に比べて何かと手がかかる次女ですが、子どもって本来こんな風なのかなぁとも思います。長女が素直すぎるのかもしれません。同じように育てても、違うように育つものです。持って生まれた性格なのでしょう。どちらの子も真っ直ぐ育っていくといいなと思います。
  1. 2005/10/28(金) 23:16:36|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:3

園からのお手紙

 娘たちは時々園の先生からお手紙をもらって帰ってきます。担任の先生が気付いたことや園での様子、怪我や体調についての連絡など、内容はその時によって様々です。長女の先生は、娘のつぶやきやお友達とのかかわりについて書いてくれることが多いです。気にかけてよく見てくれているんだなとありがたい気持ちでいっぱいです。次女の先生は、家では見られないような娘の姿を知らせてくれます。体調の変化にも敏感で、元気がなかったとかトイレが近かったといったことも知らせてくれます。今日は長女の鞄にお手紙が入っていました。発表会の役が決定した経緯、練習中の娘の様子、衣装を着たときのうれしそうなつぶやきなどが書いてありました。ほんの短い手紙ですが、先生の気配りにありがたい気持ちとうれしい気持ちでいっぱいです。
 「連絡帳」といった定期的な情報交換はしていないのですが、娘たちの話と先生からのお便りで園での様子を知ることができます。私にとっては、これで充分だなと思います。それにしても、先生たちはとても忙しそうなのに、一体いつ手紙を書くのだろう?と不思議に思います。
  1. 2005/10/26(水) 21:28:48|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

お引越し

 親子で仲良くしているお友達が、明日引っ越してしまいます。日本海側に行くので、気軽に遊びに行ける距離ではなさそうです。今日は、夕方にお別れの挨拶をしに行ってきました。
 娘たちは、「また引っ越したところに遊びに行こうね。」「しばらくしたらまた帰ってくるのかな?」「荷物全部持っていくんでしょ?こっちに置いていけばまた帰って来れるのにね。」などと言っていました。そのお友達一家は以前も転勤のため引越しをして、うれしいことに戻ってきました。そして今回は2度目のお別れになります。娘たちは、またきっと戻ってくるんだろうなと思っているようです。私も、また戻ってきてくれたらいいな~、また近くに住めると楽しいんだけどな~と子どもと同じように願っています。
  1. 2005/10/24(月) 21:28:54|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

冬の寒さ

 天気予報で冷えるとは聞いていましたが、京都は思っていた以上の寒さでした。ついこの間まで半そでを着て夏のようだと言っていたのに、突然冬がやってきたようで、とても不思議な気分です。寒さが苦手な私にとっては、つらい季節の到来です。たくさん着込んで、なんとか乗り切ります!
  1. 2005/10/22(土) 22:46:11|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

6年前の今ごろは・・・

 明日は義親の13回忌があるため、家族で京都に向かいます。今から鞄に荷物を詰めてささっと支度をするつもりです。
 荷物のことを考えていて、ふと6年前のことを思い出しました。6年前は7回忌があり、やはり京都に行きました。当時は長女が生後4ヶ月で、初めての遠出でした。そして私にとっては出産後初めてのお泊り外出でした。行き先は京都の大きいおばあちゃんのところ、用件は法事とはいえ、久々の外出にとてもとてもうれしくて、ワクワクしながら随分前から支度をして心待ちにしていました。当日、私は行きの車の中で体調が悪くなり夜には39度の熱を出しました。父さんには「興奮しすぎて熱が出たんじゃないの?」と言われ、自分でもそうかもしれないなと思いました。あの頃の私は自分の時間はなく、外出することも少なく、慣れない子育てに疲れ果てていたのかもしれません。普段は一日子どもと家にいて、話をするのは義母や父さんだけ。自分ひとりが取り残されているような焦りやさみしさを感じていました。
 今、私は子連れで色々なところへ出かけられるようになったし、平日は一人で仕事に行きます。随分状況が変わったものだと思います。過ぎてしまえばこの6年もあっという間でしたが、今現在子育て真っ最中のお母さんたちからしたら、そんな日が来るのはいつのことか、待ちきれない、といった心境ではないかと思います。そんなお母さんたちが少しでも気楽に過ごせるようになれたらいいなと心から思います。たまには父さんや祖父母、託児などに預けて自分の時間を作ってみたらどんなにいい気分転換ができることでしょう!預けることは悪いことではありません。自分でなきゃ!という思いを捨てて、父さんにまるまる預けてみたら、家族の関係も変わってくるかもしれません。6年前の自分が、そうできていたらどんなによかったかと思います。
  1. 2005/10/21(金) 21:19:51|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:2

びっくりしたぁ!

 今朝、出勤途中に赤信号で止まっている時、電信柱にもたれかかっているおじいさんを見かけました。犬を連れて散歩中のようですが、なんだか様子が変で、ぜーぜーと苦しそうに体を揺らしていました。これは発作か?と思いましたが、その横を歩いて通る人たちは知らん顔をしています。私は、車を脇に停めて声をかけたほうがいいのでは?病院も近いし乗せていってあげるべきか?でも犬がいるから犬を一緒に乗せるのは怖いな・・・などとあれこれ考えていました。そして、信号が変わるとそのおじいさんは青信号の横断歩道を元気に歩いて渡り始めました。どうやら信号待ちの間に、電信柱を使って体操をしていたようです。揺れていたのは腕の屈伸運動でもしていたのでしょう。そりゃぁ、通行人も気にとめないはずです。声をかけなくて良かったー!車を脇に停めなくて良かったー!些細なことですが、朝からびっくり&ドキドキでした。

長女の将来の夢の絵「しょうらいのゆめ ぷりんせす(ありえる)」
20051020_2239_000.jpg

  1. 2005/10/20(木) 23:10:20|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

秋晴れ

 ここ数日雨や曇のはっきりしない天気が続いていましたが、今日は気持ちのいい天気となりました。朝は冷えて肌寒かったので薄手のセーターを着て出かけましたが、だんだんと気温が上がり昼間には夏のような暑さになりました。この気温の差が体調を崩す元になるんだろうな~、気を付けなきゃなぁ~と思った一日でした。あまりのいい天気に、家で布団を干したり、たくさんの洗濯をしたりして過ごしたいなと思いました。
  1. 2005/10/19(水) 23:05:03|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:4

学校で学ぶこと

 「学校に行かなかった私たちのハローワーク」という本を読んでいます。東京にあるフリースクール(学校外の居場所)に通ったことのある人達、つまり学校に通わなかった時期がある人たちがどうやって社会に出て働いているのか、どうやって自分の仕事に出会ったかを自分で著した本です。これを読んでいて、学校にほぼ毎日通った人と不登校などで通わなかった時期がある人とでは何が違うんだろうと考えてしまいました。通い続ければ社会に出て役に立つ人になれるかというと、そうばかりではないでしょう。では、学校になど行かなくても、最終的に社会に出て自立できれば良いかというと、そうも思いません。
 私がこの本を読んでいたら、長女が「お母さん、学校に行かない人もいるっていうこと?」と聞いてきました。そう聞かれて、将来娘が学校に行きたくないといっていわゆる不登校になったら私はあわてるし、おろおろしてしまうだろうなと思いました。学校という集団生活の場では楽しいことばかりではなく、大変なことやつらいこともあります。友人関係などで悩むこともあります。我が子には、そういったことも乗り越えてほしいと思います。そして、いずれは自分に合った仕事を見つけてやりがいを持って働いてくれたらとても理想的だなと思いました。
  1. 2005/10/17(月) 21:53:05|
  2. | コメント:2

エジプトのポップコーン

 今日は娘たちの好物のポップコーンを作りました。市販の乾燥コーンを買ってきて作ることはよくあるのですが、今日は姉のエジプト土産のコーンを使ってみました。娘たちは「エジプトのポップコーンはどんな味?」と興味津々。味は同じですが、軽快にはぜる感じがしました。はぜ損ないのコーンはほとんどなく、きれいにはじけておいしくできました。1/3を塩味に、2/3をキャラメル味にしてみましたが、我が家ではキャラメル味が人気でした。砂糖と少しのバターだけで売っているキャラメルポップコーンとほとんど同じ味で出来立てのおいしさが味わえるので、お薦めです。
 参考までにレシピ(って言うほどでもないけれど、作り方)を載せておきます。
 材料:ポップコーン用乾燥コーン 大さじ3、サラダ油 大さじ1、砂糖 50gぐらい、水 大さじ1
 作り方:
 1.フライパンにコーンとサラダ油を入れてふたをし、中火にかける。
 2.はぜ出したらフライパンをゆすって焦がさないようにする。
 3.はぜ終わったらコーンを容器に移し、フライパンをさっと拭く。
 4.砂糖と水を入れて溶かし、どろりとしてきたらポップコーンを入れて木べらでかき混ぜながらキャラメル色になるように焦がす。
 5.最後にバターを入れて全体を混ぜて出来上がり。
キャラメル色に焦げたところはとってもおいしい!
大さじ3の乾燥コーンが、はじけると大きなフライパンいっぱいに!

  1. 2005/10/16(日) 21:17:09|
  2. 料理・お菓子作り
  3. | コメント:1

ほめるって難しい。

 私はほめるのが下手だなぁと思います。子どもたちに対しても、小言はついつい言ってしまうのですが、がんばっている時にタイミングよくほめると言うのが上手にできないのです。ひょっとしたら頭のどこかに「約束は守って当たり前」のような厳しい感覚があるのかもしれません。ちょっとした事でもうまくできた時や失敗してもがんばった時にはほめてあげたいなと思ってはいるのですが、それが実際にはうまくいかないのです。
 今日もそのことに関してうまくいかず、「私って子育てにむいてないかも。」と思ってしまいました。自分の気持ちにゆとりがないと穏やかに過ごせないような気がします。明日は日曜日。子どもたちとのんびりゆったり過ごそうかな。
シンデレラの馬車に乗る父さん。

  1. 2005/10/15(土) 21:43:47|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

サザエさん

 最近、我が家ではサザエさんのマンガがブーム(?)になっています。以前父さんが買い揃えたものを長女が読みたいと言って読み始め、周りの大人たちも一緒になって読んでいるといった状態です。サザエさんは昭和21年に新聞連載がスタートした漫画ですから、私が読んでもよく分からない事件に関することや風習などが出てきます。娘にとって見たら、「昔々の日本のお話」といった感覚なのだろうと思います。「お母さん、女中ってなあに?」「パーマネントってパーマのこと?」など、聞きなれない言葉が満載のようです。我が家にはおばあちゃんたちがいてただでさえ年寄りっぽい言葉をつかう長女ですが、サザエさんの影響でその傾向がさらに強くなるんじゃないかなと思っています。
今日は夕飯のお手伝い。ニンジンの皮をむいている次女。

  1. 2005/10/14(金) 22:27:41|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

春には小学生

 長女は来年の春に小学校に入学予定で、就学時健康診断のお知らせのはがきが届きました。早いなぁと思います。長女は小学校に対する期待も大きいのですが、不安も抱えているようです。「早く大きくなりたい!」と言う日もあれば、「6歳のままでいたい。」と言う日もあります。今までは妹といっしょに幼稚園に行っていましたが、入学すれば二人とも昼間は違う場所で過ごすことになります。「4月からはみんな一人だね。お父さんとお母さんは一人でお仕事に行くし、私は小学校、(妹)は幼稚園で、おばあちゃんはおうちで一人。大きいおばあちゃんは京都で一人。みんな違う場所で頑張るんだね。」不安な気持ちをかき消すためか?みんなも頑張っていると自分に言い聞かせるためか?最近はこんなことを言っています。
 不安はあるものの、私服で通うことやランドセルを買うこと、大きな図書室があること、入学式はお母さんと一緒に行けること・・・それが今の楽しみな要素のようです。子ども同様、親も緊張して入学の日を迎えるんだろうなと思います。
  1. 2005/10/13(木) 20:47:44|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:2

父さん、ほめられる

父さんは娘によくほめられます。それも、父さんがいない場所でほめてもらえることが多いです。今日ほめられたのはタバコのことでした。お風呂に入っているときに、長女が「でもさぁ、お父さんってえらかったよね~。だってタバコやめたじゃん。それってすごいよね~。」と言っていました。タバコをやめたのはずいぶん前のことですが、未だにほめられています。多分、何度も禁煙に失敗しながらもとうとう成功したということが娘の心に強烈な印象として残っているのだと思います。他にほめられる内容は「眠いのに釣りには起きて出かけていくからすごいよね~。」とか「船の運転の仕方を習いに行って、できるようになったからすごいね。」「お父さんはごはんを山盛り食べるからすごいね~。」などです。好きなことをやってほめられる父さんがちょっとうらやましいですが、お父さんってすごい!大人ってすごい!と思ってもらえるのはいいことだし、大人になることに夢が持てるんじゃないかなと思うので、ぜひこのまま素直にそう思い続けてもらいたいものです。
  1. 2005/10/12(水) 20:48:51|
  2. 育児・家族のこと
  3. | コメント:0

お父さんのにおい~

 近所のスーパーで買い物をしたところ、レジのお姉さんに見覚えがありました。名前を見ると、小・中学校の同級生のMさんのお姉さんで、懐かしくて思わず声をかけました。
 お姉さんの顔を見てふと小学校の時の出来事を思い出しました。Mさんとそのお姉さんと私は図書室の掃除で同じグループになったことがあります。学期末のワックス塗りの日に、各自がぼろ布を持参して掃除に行きました。Mさんたち姉妹はお父さんのシャツを持ってきたようで、姉妹で「これお父さんのにおいがする~。」「本当だね~。」と話していました。それを聞いて、当時(確か)小学2年生の私はなぜか羨ましさを感じました。お姉さんと同じ掃除分担というのも羨ましかったし、家族にしか分からないお父さんのにおいについて話していることも羨ましかったのかもしれません。それだけの出来事ですが、なぜか頭に浮かんで懐かしく思いました。
 Mさんのお姉さんには「Mさんによろしく言って下さいね~。」と言って帰ってきました。次のお客さんもいたので詳しい話は聞きませんでしたが、Mさんもきっと元気に暮らしていることでしょう。
  1. 2005/10/10(月) 13:52:07|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

キス釣り

今日は娘たちの希望で、家族で釣りに出かけました。キス釣りなら子どもでも楽しめるでしょうと、えさを500円分買って船に乗りました。父さんが出船の準備をしている間に、待ちきれず早速お昼ご飯を食べ始めました。浜名湖上に出てから魚がいそうな辺りを狙って父さんが挑戦してみますが、何の反応もありません。お昼ごはんも食べ終わり、魚の姿も全く見られず子ども達は飽きてきた様子。そのうちに雲が厚くなり、風が冷たくなってきたので「帰りたい~。早くおうちに行きたいよ~。」と長女が言い始めました。次女は竿を持って釣る気があるようでしたが、魚の姿を見ないことには楽しさは感じられません。結局、父さんがフグを1匹釣り上げただけで終了。「釣り」というよりは船の上でのお昼ご飯を楽しんできました。あまりヤル気がなさそうだった長女も、「また行きたい。」と言っていました。今度は暖かい晴れた日に、ぜひ釣ってみたいものです。いえ、私は釣らなくてもいいのですが、娘たちに釣らせてあげたいと思います。
寒いよ~、釣れないよ~。
  1. 2005/10/09(日) 21:59:19|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

お祭

今日は実家の町の秋祭りで、娘たちを連れて行ってきました。小さな小さな町のお祭ですが、子どもの頃はお囃子の音や少しだけ並んだ屋台にワクワクしました。中でも魅力的だったのは、おもちゃ屋さんでした。普段はおもちゃ屋さんに行くことはなかったので、屋台のお店に並んだおもちゃはどれも物珍しくて見ているだけでも楽しかったのを覚えています。
娘たちはおじいちゃんと一緒にお宮に出かけていきました。夏にyasuくんからいただいた金魚が夏の暑さで残り2匹だけになってしまったため、仲間を増やしたいといって金魚すくいを楽しみにしていたのですが、残念ながら今日はもう終わっていたそうで、鯛焼きを買ってもらって帰ってきました。鯛焼きを食べるなんて、4~5年ぶりだと思います。尻尾まであんこがぎっしり詰まっていて、美味しくいただきました。
  1. 2005/10/08(土) 21:29:03|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

金木犀の香り

先日、朝仕事に出かけようと玄関を開けたら、金木犀の香りがしました。隣の家の裏庭にある木に花が咲いたのでしょう。とてもいい香りで、秋を感じました。10月に入っても夏のように暑い日があり、季節感が薄れているような気もしますが、この香りでわたしの中では一気に秋が来た!という気分です。
  1. 2005/10/07(金) 00:18:00|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:0

欲求の階層

先日の研修でとても興味深い話を聞きました。心理学などを学んだ人は必ず知っているという「マズローの欲求の階層」という話です。マズローさんの考えでは人の欲求とは7つの階層があり、下に位置する階層から満たしていく必要があるといったないようです。下の階層から並べていくと、1:生理的・身体的欲求(食事・睡眠等生命健康維持)2:安全欲求(恐怖・危険・苦痛からの回避)3:所属・愛情欲求(所属・愛情・親和など)4:セルフエスティーム欲求(尊敬・承認・支配・名誉など)5:認知的欲求(知的関心・学習意欲)6:審美的欲求(精神的ゆとり・向上心)7:自己実現欲求(自己達成・生きがい)です。愛情が満たされていない時には学習の意欲は湧かないし、空腹で食欲が満たされていない時には人に認められたいという気持ちは起こらない・・・といった具合です。最近は下から4つの階層の欲求が満たされない子どもが増えているそうです。欠乏していたらすぐにでも満たしてあげなくてはいけない基本の欲求であるのに、満たされないというのはなんともかわいそうな感じがします。下の階層が満たされていないのにそれらを飛び越して学習意欲の階層だけを刺激する親が多いとのこと。そんな状態では意欲がわくことはないはずです。
研修に参加してこの階層を知ったら、子育ての優先順位のようなものが見えてきたように感じました。なるほどなぁ~ととても納得できるお話を聞くことができて満足でした。5段階目の認知的欲求が満たされた感じ。かな。
  1. 2005/10/05(水) 21:53:24|
  2. 仕事・研修
  3. | コメント:0

私の釣り歴

 釣りチームのHP内に仲間入りさせていただくようになったので、私の釣り歴を書いてみたいと思います。
 初めての釣りは小学生の時に、その辺に落ちていたた棒切れに糸を結び、町内の雑貨屋さんで売られていた釣り針をつけて近所の浜で釣りをしました。釣果なし。次の釣りは大人になってから、社会人1年目の時でした。当時仕事で接していた中学生の男の子たちから釣りに誘われて、馬込川でハゼ釣りをしました。釣り好きの彼らに準備やエサ付けなどすべてをお任せして挑戦したところ、初めての釣果が!小さなハゼが1匹釣れました。その後間もなく、職場でハゼ釣り大会が催され、また釣りに挑戦。釣果はなし。それから数年、父さんと結婚前に数回池や浜名湖で釣りをしました。エサにはさわれないし、風の強い日だったので針が飛んできたら怖いと心配で、楽しいとは思えませんでした。
 そして、最近になって娘たちが釣りをやってみたい!と言い始めました。動機は釣具屋さんで見た子供用の釣りセットとディズニープリンセスのタックルケースではないかと思われます。日曜日などに父さんと娘たちで釣りに行ってくれたらわたしものんびりできていいなと思いましたが、お母さんも行かなきゃいやだ~!と言っているので、そのうちにまた釣りに挑戦するのかもしれません。釣りの楽しさが分かるまでにはまだ時間がかかることでしょう。それまでは、「食べるのを楽しむ人」でいようと思います。
  1. 2005/10/03(月) 22:43:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

お友達の家に

 今日は娘たちとお友達の家に遊びに行きました。お友達に会うことはもちろん楽しみなのですが、生後2ヶ月になる赤ちゃんに初めて会うのでワクワクしながら出かけました。お兄ちゃんたちにそっくりの顔をした女の子で、よく笑いかわいらしかったです。体の全ての作りが小さくてぷくぷくした肌、手をぎゅっと握り締めるしぐさなど、娘たちが赤ちゃんの時を思い出して懐かしかったです。赤ちゃんがいる生活はいいなぁと思いました。もちろん、大変さもあるのですが。
 子どもたちは絵本をたくさん見せてもらったり、おもちゃで一緒に遊んだり、公園で砂団子を作ったり・・・と、楽しく過ごせました。「また遊びに行こうね。今度はもっといっぱい遊びたいね。」と次に遊ぶのを楽しみにしているようです。
  1. 2005/10/02(日) 14:58:40|
  2. 日常生活で思うこと
  3. | コメント:2

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

妻

Author:妻

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ご来場者

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。